HOME > 研究紹介 > 生体分子化学研究室

研 究 紹 介
生体分子化学研究室                         
化学・ライフサイエンス分野 戸谷希一郎 准教授

1. 糖鎖合成に関する研究
2. 糖鎖関連疾患に関する研究
3. 疑似生体環境に関する研究

糖鎖は糖タンパク質や糖脂質の構成成分としてわれわれの体の機能を調節する生体情報分子です。その糖鎖情報は様々な疾患にも関与し、糖鎖機能研究は疾患の予防・診断・治療に繋がります。私たちの研究室では糖鎖機能を分子レベルで理解することを目指し、糖鎖生命現象を化学的に探るケミカルバイオロジー研究を展開していきます。

1. 糖鎖解析ツール


人工糖タンパク質、
蛍光標識糖鎖、
糖鎖磁気ビーズ etc.
化学ツールで生物を見る。

2. 疾患特異的糖鎖プロファイル

細胞内糖鎖の動的構造変化で疾患を評価する。

3. 疑似生体内環境

これらを試験管内に再現しアッセイを行う。
細胞内の分子濃度 細胞内の微小空間 細胞間の網目構造

細胞内の分子濃度

細胞内の微小空間

細胞間の網目構造

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.