HOME > 研究紹介 > 応用錯体化学研究室

研 究 紹 介
応用錯体化学研究室 homepage
化学・ライフサイエンス分野 坪村太郎 教授

1. 金属錯体の発光
2. 金属錯体の反応への応用

植物の光合成や血液中の酸素運搬など金属元素が中心的な働きをしている化合物(錯体)は自然界にたくさんあります。研究室では新しい錯体を合成して、環境とエネルギー関連の触媒としての応用、新材料としての機能などその可能性を探っています。

金属錯体の反応への応用

パラジウム錯体を触媒として用いる環境浄化光化学反応


金属錯体の発光

リン酸を含む銀錯体の発光
英国化学会の論文誌の表紙に掲載!

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.