HOME > 研究紹介 > ソフトウェア研究室

研 究 紹 介
ソフトウェア研究室 homepage
システムソフトウェア・ネットワーク分野 甲斐 宗徳 教授、緑川 博子 助教

ソフトウェアをより速くより安く処理する

大規模化・複雑化したソフトウェアをより高速に処理するコンピュータが求められています。その技術のひとつが並列・分散処理技術で、研究室では複数のコンピュータを同時に協調的に動作させ、ひとつの問題を高速に解く技術の研究を行っています。

ソフトウェア研究室のテーマ

ソフトウェア研究室のテーマ ネットワークで結ばれた複数のコンピュータまたはプロセッサを協調的に動作させて、高速性・高信頼性を実現し、処理に応じた必要十分なリソースを戦略的に利用することで高い対費用効果低消費エネルギー化を実現するソフトウェア技術の研究を行っています。

自動並列化

自動並列化

一人で行っていた仕事を、チームで行うことができ、早く終了できるような仕事に変換します。

逐次プログラムの自動並列化

普通、プログラムは1CPUで命令文の順に処理される。
しかし、プログラムの中には必ずしも「順番に」ではなく、同時に処理しても良い部分が含まれています。
そういう部分を自動的に見つけ出して並行処理することにより、処理を短時間で完了できます。

自律分散・モバイルエージェント

コンピュータ&ネットワーク上で、言わばソフトウェア生命体による協調社会を形成します。高速・高信頼性のユーザに優しい処理系を 実現します。

自分で判断して活動を開始したり、他のコンピュータへ移動して処理を手助けしたり、用が無ければ活動を停止したりする自律的なソフトウェアつまりエージェントを作っています。まさにネットワークの中でエージェントが一つの社会を形成するようなシステムです。 必要な機能を持つエージェントを次々に導入することで自由にシステムを拡張することができます。

[分散管理モニタ Mediator ユーザーB][Mediator ユーザーA] 管理エージェント タスクエージェント AgentSphere(エージェントが出入り出来る特別な空間)

自律分散処理システム

タスクスケジューリング

処理をできるだけ速く完了させるために、コンピュータ同士の仕事の分担方法を決める、高度戦略を計画する技術です。

通信を考慮すたスケジューリング

高速ネットワーク接続されたコンピュータクラスタにおける
分散共有メモリ

ネットワーク接続した複数コンピュータの遠隔メモリを、仮想的に単一の大容量共有メモリとして提供する。

T2K OpenSupercomputer東京大学構成(日立)[Full-BisectionInterconnect for 128nodes: 640BG/sec × 1 + 320GB/sec × 3][# nodes = 952 Rpeak = 140TFlops Memory = 31 TB][Storage System 1PB, 15GB/sec][Full-Bisection Interconnect for 512 nodes: 2.5TB/sec]

スーパーコンピュータ(T2Kシステム)
T2K-Tokyo(Myri-10Gx4, 40Gbpsネットワーク)
T2K-Tsukuba (InfiniBand 64Gbps ネットワーク)。

メモリ クラウド

WANで接続されたコンピュータクラスタ群から自動的にクラスタやノードを割り当て、大容量メモリを利用した処理を行うメモリ提供システム

WAN

全国11大学のクラスタを結ぶInTrigger システムを利用 (319ノード/ 848コア)。

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.