HOME > 研究紹介 > 知的インタフェース研究室

研 究 紹 介
知的インタフェース研究室homepage
メディア技術分野 中野 有紀子 教授、林 佑樹 助教

人とコンピュータとの自然なコミュニケーションを目指して

人と会話をするように、コンピュータと自然なコミュニケーションができれば、直観的にコンピュータを操作することが可能になります。研究室では、音声言語とジェスチャや表情などの非言語情報を使って人とコミュニケーションできるアニメーションエージェントやコミュニケーションロボットの研究を中心に、知的インタフェース、マルチモーダル対話技術、コミュニケーション科学、計算言語学、人工知能などの研究に取り組んでいます。

知的インターフェース研究室のテーマ

人とコンピュータとのより自然なインタラクションを目指し、ジェスチャ、視線、表情を使って人とコミュニケーションできるマルチモーダルインタフェースの研究・開発を行っています。

(1) 生体計測機器を用いた言語・非言語行動の収集と、心理学的知見を取り入れた分析
(2) 会話ができる知的なアニメーションキャラクタやロボットを実現するための人工知能研究
(3) 音声、映像、アニメーション等を統合した、マルチメディアコンテンツの自動生成技術の開発
(4) 人間の行動データに基づくユーザインタフェースの評価手法の考案

ユーザの態度に気づくエージェント

音声認識 アイトラッカ アイトラッカにより得られた視線情報から、ユーザがエージェントとの会話に積極的に取り組んでいるか否かを推定し、ユーザの会話参加態度に応じて、応答を変化させる。

グループ会話対応型会話エージェント

グループ会話対応型会話エージェント 複数人とのインタラクションにおいて、ユーザ同士で話し合っているのか、エージェントに話しかけているのかを顔向きから判定し、エージェントによる適切な発話タイミングを推定する。

異文化コミュニケーションを支援する会話エージェント

対人距離、姿勢、視線の利用などに注目しながら、コミュニケーション行動の文化的な違いを統計的な手法によりモデル化し、文化に応じた会話エージェントの動作を自動的に決定する。

その他の研究項目

コミュニケーションロボット

コミュニケーションロボット

モーションキャプチャ

モーションキャプチャ

・コミュニケーションロボット

・音声対話システム
 適切な応答方法決定の研究

・ヘルプエージェント
 マウスの動きからのユーザの迷いの検出
 適切なヘルプタイミングの推定

・会話コーパスの収集と言語・非言
 語行動の分析

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.