HOME > 研究紹介 > 音声情報研究室

研 究 紹 介
音声情報研究室
メディア技術分野 世木 寛之 准教授

人にわかりやすい情報提示の実現を目指して

近年、メールなどの言語情報のコミュニケーションが盛んですが、音声は、言語情報だけでなく感情などの非言語情報を包含していたり、短時間で多くの情報を伝えられたりといった大きな利点があります。
本研究室では、音声のこのような性質を利用し、人にわかりやすい情報提示や使いやすい情報受容を実現することを目的として、音声合成
(文字を音声に変換する技術)や、音声認識(音声を文字に変換する技術)などの音声処理技術の研究に取り組んでいます。

当研究室では、利用方法が限定されている状況や場面を想定することにより、実用的な音声処理技術の研究を行っています。

(1) 音声合成技術を利用したニュースダイジェスト読み上げシステム

インターネットから集めてきたニュースを、通勤途中で決められた時間内に読み上げることのできるシステムの研究を行っています。

(2) 音声認識技術を利用した講義内容書き起こしシステム

講義への字幕付与や、ノートテイクのための支援を目的として、音声認識技術を利用した書き起こしシステムの研究を行っています。

copyright(C) Seikei University. all rights reserved.