ボランティア支援センターとは?

センターの目的

ボランティアを中心とした地域・社会貢献および地域交流活動は、大学の社会的責任として必要不可欠な活動です。
更に、本学の教育理念にある学生の「個性の尊重」「品性の陶冶」「勤労の実践」に資するものであり、教育的目的も併せ持つものです。成蹊大学ボランティア支援センターは、成蹊大学の学生および教職員が一体となり、ボランティア等の社会貢献・地域交流活動を推進し、これらを支援することを目的としています。

ボランティア支援センターでできること

1. 学生のボランティア活動を支援します

さまざまな分野で自発的に活動する学生および学生ボランティア団体を、常駐のコーディネーターが総合的にサポートしていきます。また、学生ボランティア団体の活動基盤づくりのための支援や、学生ボランティア団体同士、地域団体、学外の団体とのネットワーク形成のための企画や運営を行います。

2. ボランティアに関する講座・イベントを開催します

ボランティア活動に参加するためのきっかけとして。またより充実した活動のために…
ボランティア活動に関する講座や、学生・団体の活動報告・交流会などのイベントなどを行います。

3. ボランティアに関する情報がたくさんあります

センターには、さまざまなジャンルの多様なボランティア情報、イベント情報が集まってきます。
それらの情報を掲示板やラック、ファイルなどに整理し、自由に閲覧していただくことができます。
また、ボランティアに関する実践・研究資料(書籍・雑誌など)も一部取り扱っています。

4. ボランティアに関する相談を受け付けています

「ボランティアをしてみたいけれど、何からはじめたらよいのか分からない」
「自分にあったボランティアってなんだろう」
「災害の被災地で活動する、あの団体のことを知りたいのですが…」
常駐のコーディネーターが、ボランティアに関するさまざまな相談に乗っています。
コーディネーターが皆さんとお話しながら、活動に参加したり、活動を広げるためのお手伝いをしていきます。