イベント・講演会報告

イベント・講演会報告

2015.6.24

広報講座を開催しました(6月15日)

【開催概要】
企画名:「コミュニケーション戦略のキホン~ヒット商品に学ぶ、伝わる団体になるための5つの基本ツール~」
日時:2015年6月15日(月)18:30~20:00
会場:大学6号館301教室
講師:加雅屋 拓さん(特定非営利活動法人NPOコミュニケーション支援機構(a-con)理事長)
参加者数:24名

【内容】
この10年で世の中の流通情報量が右肩上がりで増加する一方、流通消費量にほとんど変化はなく、またマスメディア以外にもソーシャルメディアなどから入ってくる情報などもあり、消費者に「伝える」ことが難しくなってきました。
中身は同じ「紅茶」でも、ネーミングと広告の展開の仕方いかんで、2ヶ月でコンビニの棚から姿を消してしまうこともあれば、ロングセラーのヒット商品となることもあります。その要因はどこにあるのでしょうか?NPOやボランティアグループが自分たちの活動を人に「伝え」、活動に共感してくれる人を増やすためには、どのような工夫が必要なのでしょうか?
講座では、効果的な情報伝達を目指す上で有効なコミュニケーション戦略を考えるための3C(Company、Competitor、Customer)の要因分析、ターゲットに効果的に「伝える」ための作戦シートへの作業を通じて学びました。

【参加者の感想】
・ガチガチに硬い講義ではなく、笑いを交えたお話しでしたので、全体からフランクな感じに質問が出たのだと思いました。講師の経験にもとづくお話、とても分かりやすかったです。
・コミュニケーションについて、人間関係における、力や技術を考えていた。とても幅が広がり、頭の整理ができました。
・今まで自分達の団体が考えるフレームをもたずに議論し、うまくいっていない部分が多かったので、今回他の事例を聞いたり考えたりしたことは自分の団体のやり方をよりよくするきっかけになると思いました。