イベント・講演会報告

イベント・講演会報告

2016.7.20

「東北復興スタディツアー2017 in いしのまき」プレイベント第1弾
「一緒に知ろう!東北の“いま”」を開催しました(7月2日)

 7月2日(土)、「東北復興スタディツアー2017 in いしのまき」第1回プレイベントが、成蹊小学校のご協力の下、成蹊小学校松林館2階こみち実習室にて開催されました。このイベントは今年の学生スタッフが中心となって企画運営を行い、学内外併せて35名の方々にご参加いただきました。(学生スタッフ含む)

以下は学生スタッフからの報告です。

-----------
 7月2日土曜日、東北復興スタディーツアーに向けての第一回プレイベントが行われました。
 午前の部では、石巻焼きそばマイスターの取得を目指し、東北からお越しいただいた石巻茶色い焼きそばアカデミーの八木邦美さん、大野頼二さんの指導を受けました。このマイスターという制度は、支援を受けるのを待つだけの受け身の姿勢をやめ、焼きそば作りを教えることで他者と関わり、結果として孤立を防止するために始まったそうです。現在189名がマイスターを取得しており、今回学生スタッフ7名と教職員3名、その他1名合計11名が見事マイスターを取得し、認定証をいただくことができました。自分たちで作った石巻焼きそばは本当においしく、みんなで作ることの楽しさ、石巻のおいしさ、温かさを全身で感じることができました。この石巻焼きそばは欅祭で出店するので、ぜひお越しください!
 午後の部では、NPO法人の遠藤学さんと一般社団法人石巻自治連の増田敬さんを東北からお招きし、震災についてのお話をいただきました。震災の生々しいお話をお聞きし、震災から5年経った今でも仮設で苦労している人や心の傷を抱えている人がいるのだと改めて感じることができました。同時に、大きな被害を被った東日本大震災を絶対に忘れてはいけないと痛感しました。
 そして最後に学生スタッフから、今年の東北復興スタディーツアーについての説明を行いました。今年のスローガンは「一緒に知ろう、東北の“いま”」に決定し、2月8日~10日の本番に向けて活動を進めています。この東北復興スタディーツアーは実際に現地に足を運び、私たち1人1人が震災を捉え直し、これから私たちに何ができるのかということについて考える機会であると考えています。プレイベントの参加者の方々からも、復興のために活動を続けていけるように努めていきたいなどと、たくさんの前向きなお言葉をいただきました。
 このプレイベントは、今私たちが東北のためにできることを考えるとても貴重な時間となりました。成蹊ボランティアセンターをはじめとするたくさんの方々の支援で、東北復興スタディーツアーに繋がる大きな一歩を踏み出すことができました。たくさんのご支援ありがとうございました。