お知らせ

お知らせ

理工学部 中野 有紀子教授の記事が読売新聞に掲載


理工学部部情報科学科 中野有紀子教授(専門:人工知能)の研究活動を紹介する記事が、3月7日読売新聞朝刊30面で掲載されました。
記事は、介護施設のケアの質向上に役立てることを目的として中野教授がはじめた実験について紹介しています。

この実験は、武蔵野市の老人ホームにおいて入居者に「よみうり回想サロン」というDVDで昔の記事や映像を見て思い出を語ってもらい、その効果を調べるというもので、研究チームは高齢者の顔の映像や音声を記録し、表情・発話量・声の大きさ等の変化から会話が弾むポイントや積極性を推定することを目標にしています。


記事詳細はこちらからご覧いただけます:(外部リンク)


過去の記事