あなたの未来を輝かせるために。

SEIKEI Brilliant 2020

あなたの未来を輝かせるために。

芸術文化行政コース

20204月 開設

武蔵野地域と手を携えてグローバル化・多様化する社会に向けた、文学部・学科横断型の新しいコースがはじまります。

文学部の学生はどの学科でも履修できます

文学部
英語英米文学科/日本文学科/国際文化学科/現代社会学科

官民における芸術文化振興の担い手を育成することを目的として開設されたコースです。
行政やNPOによる芸術文化振興の実務を学ぶとともに、芸術文化を通じてさまざまな人たちが共生できる社会を考えていきます。

内容

COURSE

なにを学ぶの?

  • 武蔵野市内の文化施設や事業団・市民団体などと連携し、芸術文化活動の実践と芸術文化行政の実務への理解を深めます。
  • 芸術文化活動を通じて、子ども・若者・高齢者、障害者や外国人住民など、さまざまな人が共生できる社会を考えます。

どんな人が履修するの?

  • アートが好きで、将来アートを発信する仕事に就きたい
  • 芸術文化が社会とどんな関わりを持っているのかを知りたい。
  • 芸術文化活動を通じて社会に生きるさまざまな人とつながりたい

CHECK

  • 本コースは文学部の学生であれば、学科を問わず履修することができます。
  • 履修に必要な科目の多くが各学科のカリキュラムに含まれているため、無理なく履修できます。
  • 所定の単位を修得し養成コースを修了すると、卒業時に「芸術文化行政コース修了証」が授与されます。(要申請)

授業

PICK UP

美術やサブカル、それとも演劇やダンス?
芸術文化と社会に関する興味を追求しよう!

科目名
文化政策学

芸術文化活動を通じて市民生活やまちの活性化に取り組む自治体が増えています。その背景には何があるのでしょう?具体的な取り組みを見ながら、日本の文化行政の現状と課題を理解するとともに、文化行政に関わる基本的知識を身につけます。

科目名
アート・ジャーナリズム

アート・ジャーナリズムとは、アートに関連する出来事や人物について取材し、雑誌や新聞で報道したり論評したりする活動を指します。広報的役割を果たす一方、批評者としての役割も果たすアート・ジャーナリズムがもつ社会的意義を考えます。

芸術文化に関わる企画の立案・運営を実地で学ぶ「制作実習」

武蔵野市内の文化施設やNPO法人などと連携し、演劇祭や美術展、音楽祭や写真展などの企画を実現する実習です。連携する施設や組織は、吉祥寺シアターや吉祥寺美術館、武蔵野ふるさと歴史館など。芸術文化活動が盛んな武蔵野市にある成蹊大学ならではの実践的な学びです。

POINT

  • 10~15名のグループに分かれ、学生自らが立てた企画を約1年間かけて実現。
  • 芸術文化活動を通じて武蔵野市・人々・アートをつなぎ、地域の活性化を図る。
  • 文化政策やアーツマネジメントに精通した教員が企画の実現を具体的にサポート。

教員
メッセージ

MESSAGE

"文化的魅力にあふれる街、吉祥寺で一緒に学びましょう!"

福祉や医療、教育、防災、まちづくり、震災復興など、さまざまな行政分野と連携した芸術文化活動が注目されています。このコースでは芸術文化と社会とのつながりについて、知識として学ぶだけではなく、街に出て多くの人と触れながら自ら体感してもらいます。吉祥寺で一緒に学びましょう!

李 知映 先生

  • 担当科目
  • 文化政策学、制作実習など

東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は文化政策学、文化資源学、演劇学。フィールドワークを通じ、自治体の芸術文化振興や芸術文化を通じたまちづくりの取り組みなどについて研究をおこなっている。

その他の授業科目

CLASS

  • 文化政策学
  • アート・アドミストレーション
  • 地方自治体の文化行政
  • 文化政策と法
  • アート・ジャーナリズム
  • 舞踊論
  • 写真論
  • 日本美術史
  • 日本演劇史
  • 上演芸術論
  • 芸術文化行政特講
  • サブカルチャー論
  • メディアとアート
  • 共生社会トピックス(アートと社会)

20204月 開設

武蔵野地域と手を携えてグローバル化・多様化する社会に向けた、文学部・学科横断型の新しいコースがはじまります。

文学部の学生はどの学科でも履修できます

文学部
英語英米文学科/日本文学科/国際文化学科/現代社会学科

武蔵野地域からコース設立によせて

外国人生活者が安心して暮らせる街づくりのために

公益財団法人
武蔵野市国際交流協会理事長 川口 博久

当協会では1990年から、来日後間もない外国人生活者の居場所づくり、生活支援の一環として日本語学習サポートを行っています。今後ますます増加していくであろう多様性を持つ外国人生活者が、安心して地域で暮らすために、日本語教育の専門家の養成が急務となっています。外国人生活者の立場に寄り添うことのできる視点をもった実践力のある日本語教員が貴校から生まれることに、大いに期待を寄せております。

学生の力で武蔵野地域の芸術文化活動新風

当法人は造形教室や書道教室など、知的障害者向けの文化活動を展開しています。
ペピータ(スペイン語で「種」)という団体名には、「人は誰でも限りない可能性を秘めている」という思いが込められています。武蔵野市は私も関わる「武蔵野アール・ブリュット」など、市民協働型の文化事業が盛んです。芸術文化活動と市民生活やまちづくりとをつなぐ芸術文化行政コースが、武蔵野地域の新風となることを期待しております。

特定非営利活動法人
ペピータ事務局長 酒井 陽子

2コースの新設を記念して、文学部スペシャル・レクチャーズを開催します

お問い合わせ
成蹊大学文学部
共同研究室
TEL:0422-37-3640

オープンキャンパスにもぜひお越しください

20204月 開設

武蔵野地域と手を携えてグローバル化・多様化する社会に向けた、文学部・学科横断型の新しいコースがはじまります。

文学部の学生はどの学科でも履修できます

文学部
英語英米文学科/日本文学科/国際文化学科/現代社会学科