過去のイベント情報

過去のシンポジウムや研究会の報告です。表中の講演者等の所属や職位等は当時のものです。

最新イベントのお知らせは、こちらからどうぞ。

2019年度 成蹊大学アジア太平洋研究センター主催
【CAPS CINEMA】映画上映、トークとミニライブ
「ルートの民族誌:アンデスと秩父をつなぐ旅と音」

image image image image image image

成蹊大学アジア太平洋研究センター主催
【CAPS CINEMA】映画上映、トークとミニライブ
「ルートの民族誌:アンデスと秩父をつなぐ旅と音」

開催日:2019年12月11日(水)
会 場:成蹊大学4号館ホール
時 間:13:10〜15:20
参加者:166名

◇上映作品:『アヤクーチョの唄と秩父の山』

◇トーク
 −ゲスト−
 ホンマタカシ 氏 (監督・写真家)
 イルマ・オスノ 氏 (主演・ミュージシャン・成蹊大学非常勤講師)
 細谷 広美 氏 (成蹊大学文学部教授・文化人類学者)

◇ミニライブ
 −出 演−
 イルマ・オスノ 氏  (唄)
 高岡 大祐 氏  (チューバ) 
  http://www.otooto.jp/daysuke-takaoka
 池宮 ユンタ 氏  (パーカッション) 
  http://yuntaikemiya.blogspot.com/
 森川 拓哉 氏  (バイオリン)
  http://wakarimo.cocolog-nifty.com/about.html


  上映した音楽ドキュメンタリー『アヤクーチョの唄と秩父の山』の主演であるイルマ・オスノ氏は、現在本大学でケチュア語の講師をされています。 今回本大学文学部細谷広美教授の企画で、映画の上映と、監督をお招きしたトーク、そしてチューバ、バイオリン、パーカッションを交えたミニライブを開催いたしました。
 約一時間の上映後、写真界の芥川賞と称される木村伊兵衛写真賞を受賞したホンマタカシ監督と主演のイルマ・オスノ氏、細谷教授の3人のトークセッションが行われ、映画が誕生した経緯や、撮影を通じて感じたこと、気付いたことなどが語られました。
写真家のホンマタカシ氏の独特な視点やイルマ・オスノ氏の故郷であるアヤクーチョの村と秩父の山が似ているというお話など、貴重な話題を皆で共有しました。
 トーク後のライブでは、イルマ・オスノ氏の不思議な、でもどこか懐かしい感じのする力強い歌声に豊かな楽器の音色が調和し、会場中が気持ちの良い雰囲気に包まれました。
 ゲストの皆様には改めまして素敵なパフォーマンスに感謝申し上げます。







当日の様子はCAPSニューズレターNo.145に掲載予定。



2019年度 成蹊大学アジア太平洋研究センター後援 日英シンポジウム
“Understanding Prime Ministerial Leadership in Japan and the UK Tokyo Workshop”

image image image image image image image

成蹊大学アジア太平洋研究センター後援 日英シンポジウム
“Understanding Prime Ministerial Leadership in Japan and the UK Tokyo Workshop”

開催日:2019年11月14日(木)
会 場:成蹊大学6号館6階601会議室B・C
時 間:9:00〜18:30
主 催:日英研究協力グラントESRC-AHRC(※)UK-Japan SSH Connections grants採択研究プロジェクト 「日英両国における首相のリーダーシップ: 権力資源と影響力」
研究代表者: ヒューゴ・ドブソン(シェフィールド大学教授)
 ※ESRC/経済社会研究会議(英国)、AHRC/芸術・人文科学研究会議(英国)
参加者:25名

−ゲスト−
福田康夫 元首相

−登壇者−
Hugo Dobson 氏(シェフィールド大学)
Matt Flinders 氏(シェフィールド大学)
Caroline Rose 氏(リーズ大学)
信田 智人 氏(国際大学)
高安 健将 氏(成蹊大学)
内山  融 氏(東京大学)

  本プロジェクトは、日英両国ににおける首相職の比較研究を行うものです。日英両国の研究者が英国側の資金提供により行っている研究プロジェクトで、第1回の会合が 本年春にシェフィールド大学で行われ、今回第2回のワークショップが成蹊大学で開催されました。
 今回のワークショップは、大きく5部構成となり、研究背景の確認、福田康夫元首相による講演と質疑応答、首相職に対する制度的検討、政党政治の文脈への首相職の位置づけ、 首相の個性の検討といった内容でした。ご来場くださった専門家の方々にお礼を申し上げます。
 日英の首相には近年、大きな変化がみられます。数年前で、日本の首相は相対的に弱く受け身で在任期間も短いと考えられた一方 、英国の首相は強力であると理解されてきました。しかし、2010年代に入り、英国では国民投票、政権党内や政府・議会関係のダイナミズムの変化を受けて首相のリーダーシップは弱くなり、 この過去3年で首相が3人も登場する一方、日本では歴代最長の在任記録をもつ首相が出現しました。
 本プロジェクトでは、これからも、首相が直面する国内外の政治変動に注目しつつ、 日英両国における首相職の変化を比較の観点から検討して参ります。(企画責任者:高安 健将 法学部教授)

     image

       当日の様子はCAPSニューズレターNo.145に掲載予定。



2019年度【CAPS CINEMA】 映画上映&ゲストトーク
「アスベスト被害から産業社会を問い直す」

image image image image  image

成蹊大学アジア太平洋研究センター主催
【CAPS CINEMA】 映画上映&ゲストトーク
「アスベスト被害から産業社会を問い直す」

開催日:2019年11月9日(土)
会場:成蹊大学5号館102教室
時間:13:30〜18:30(ゲストトーク17:25〜)
参加者:75名
◇上映作品:『ニッポン国 VS 泉南石綿村』
◇ゲストトーク
‐ゲスト‐
 原 一男 氏(『ニッポン国 VS 泉南石綿村』監督)
 村松 昭夫 氏(弁護士、大阪・泉南アスベスト弁護団副団長)
‐司会・進行‐
 渡邉 知行 氏(成蹊大学法科大学院教授)

 この上映会は、アジアにおける労働をテーマとした一連の企画の中で、泉南石綿国倍訴訟を通じて産業社会のあり方を問い直すことをテーマとして開催されました。
 『ニッポン国vs泉南石綿村』の上映では、アスベスト被害の裏に、「産業発展のためには、生命や健康が犠牲になってもやむを得ない」という倒錯した論理が今日の日本社会に浸透している事実があることを痛感させられ、 現在進行形の建設アスベスト訴訟で国が10度敗訴判決を受けて最高裁に進んでいる中、あらためて労災・公害について考える機会となりました。
 上映後のトークセッションには、原一男監督と大阪・泉南アスベスト弁護団副団長の村松昭夫弁護士にご登壇いただきました。
 原監督は、最近は新作『れいわ一揆』を完成させたばかりで、10年以上追い続けた水俣の人々の日常や裁判についての映画も公開間近であるなど、精力的な活動を続けられています。 村松弁護士とのトークでは原告団・弁護団内部の葛藤や想いなどを語られ、参加者からは、この映画をもっと多くの人に観て欲しいという声が上げられました。同時に、日本社会の諸問題、ドキュメンタリー映画に対する関心の低さなどについても議論がありました。

 なお、今回は上映会に併せて関連資料と書籍の展示、また関連書籍一覧を参加者に配布しました。

     image  image


当日の様子はCAPSニューズレターNo.145に掲載予定。


2019年度【CAPS CINEMA】 連続映画上映&監督トーク
「辺野古の日常から知る沖縄」

image image imageimage image image image

成蹊大学アジア太平洋研究センター主催
【CAPS CINEMA】 連続映画上映&監督トーク
「辺野古の日常から知る沖縄」


■第1回■
『辺野古抄』(オリジナル132分版)上映&トークセッション
開催日:2019年9月28日(土)
会場:成蹊大学4号館ホール
時間:14:00〜17:30
ゲスト:八島 輝京 監督
参加者:118名

■第2回■
2作品上映『辺野古抄』(60分版) ・ 『ZAN〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』 &『辺野古抄』八島監督挨拶
開催日:2019年10月4日(金)
会場:成蹊大学4号館ホール
時間:13:00〜14:00 『辺野古抄』(60分版)
    14:15〜15:30 『ZAN〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』
    15:30〜17:00  八島輝京監督より挨拶
参加者:80名


この連続上映会は、辺野古の人々の生活を丹念に撮影したドキュメンタリー映画『辺野古抄』を通して、米軍基地と共に生きてきた辺野古の人々の生活とその複雑な心情を追体験することで、来場者と共に沖縄基地問題を複眼的に考えるきっかけにするという趣旨で開催されました。

第一回目の上映後には、『辺野古抄』を撮られた八島輝京監督とCAPSポスト・ドクター池宮城陽子によるトークセッションが行われ、八島監督からは撮影秘話などについてお話いただき、参加者との活発な交流を実現することができました。

第二回目の上映会では、環境保護の観点から、辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に関する様々な立場の声を紹介した『ZAN〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』も併せて上映されました。 2つの映画の上映後には、八島監督から改めて撮影秘話をお話いただき、参加者との意見交換が行われました。

二回の上映会を通して、辺野古をはじめとした沖縄基地問題を様々な角度から考え、頭を悩ませ続けることの必要性を皆で共有し、本イベントは幕を閉じました。




当日の様子はCAPSニューズレターNo.145に掲載予定。




2019年度 日韓フランス革命研究会・日仏歴史学会・
成蹊大学アジア太平洋研究センター共催 国際シンポジウム
「アジアから見たフランス革命:日本と韓国におけるフランス革命研究の現状」

imageimage imageimageimage imageimage image image

2019年度 日韓フランス革命研究会・日仏歴史学会・
成蹊大学アジア太平洋研究センター共催
国際シンポジウム「アジアから見たフランス革命
:日本と韓国におけるフランス革命研究の現状」


開催日:2019年8月28日(水)・29日(木)・30日(金)
時間:8月28日(水)14:00〜18:10
29日(木)・30日(金)10:00〜18:30
会場:成蹊大学6号館6階601会議室B/C
参加者:90名
企画責任者:松浦 義弘(成蹊大学特別任用教授)

プログラム(フランス語プログラムはこちら):
◆8月28日
松浦 義弘報告「戦後日本におけるフランス革命史研究」
CHOI Kab Soo (ソウル大学教授) 報告
「近代への不可逆的な移行史の背後の推進力−韓国での展望」
討論

◆8月29日
第1発表 山下 雄大(東京大学大学院生)
「自然的社交性から政府批判へ−ビヨ=ヴァレンヌとサン=ジュスト」
第2発表 Minchul Kim(梨花女子大学講師)
「代表政府の民主化?−アントワーヌ・フランセ=ド=ナントの総裁政府期の政治思想」
第3発表 竹中幸史(山口大学教授)
「空間の革命−共和暦2年ルアンにおける街路、祭典、自由の木」
第4発表 Yun Kyoung Kwon (公州大学助教授)
「2月革命後の小アンティル諸島における普通選挙制−1848年〜1851年におけるアフリカ系アメリカ人投票者と反革命」
コメント・総合討論

◆8月30日
第5発表 Jungki Min(ソウル大学大学院生)
「ジュリアン・レモンと植民地の啓蒙」
第6発表 楠田 悠貴(東京大学大学院生)
「ルイ16世裁判再考−判例としてのチャールズ1世裁判をめぐる議論」
第7発表 Daebo Kim(ソウル市立大学非常勤講師)
「法の適用と地域的文脈との妥協の間−1790年〜1791年のオート=ガロンヌ県における土木行政の最初の革命的組織」
第8発表 藤原 翔太(福岡女子大学専任講師)
「1806年−革命の終了、もしくはナポレオンの統治システムの転換」
コメント・総合討論

◇8月31日 専修大学ミシェル・ベルンシュタイン文庫見学


司会者:
8月28日 山崎 耕一(元一橋大学教授)
8月29日 平 正人(文教大学准教授)・小井 高志(立教大学名誉教授)
8月30日 Baik Inho(西江大学教授)・松浦 義弘
コメンテーター:Pierre Serna(パリ第1パンテオン・ソルボンヌ大学教授)、Alan Forrest(ヨーク大学名誉教授)



「アジアから見たフランス革命:日本と韓国におけるフランス革命研究の現状」をテーマとした国際シンポジウムが3日間にわたり開催されました。日韓双方から、総括報告者各1名(1日目)、個別報告者各4名(2日目・3日目)、そして西欧の第一線のフランス革命史家2名をシンポジウムのコメンテーターとして迎えました。各発表は、英語ないしフランス語の発表原稿をあらかじめ配布したうえで母国語でなされましたが、これらの発表および質疑応答には日韓双方の通訳がつけられました。8月31日には参加者で専修大学ミシェル・ベルンシュタイン文庫見学をし、すべてのプログラムが終了しました。 企画責任者の松浦成蹊大学特別任用教授からは「日韓関係が芳しくない現在のようなときだからこそ、日韓の革命研究者によるはじめての学術交流をとおして友好的な相互理解が実現されたことは、たいへん意義深いことだったと思います。日韓の若手研究者による報告がいずれも国際的に通用するレベルであったことにも驚きました。韓国側から提案された3年後のソウルでの日韓シンポジウムが今から楽しみでなりません。」との報告がありました。


当日の様子はCAPSニューズレターNo.145に掲載予定。


成蹊大学法学部政治学研究会主催・アジア太平洋研究センター後援
“李暁東『現代中国の省察』を読む――自著を語る”

imageimageimageimage

成蹊大学法学部政治学研究会主催・アジア太平洋研究センター後援 “李暁東『現代中国の省察』を読む――自著を語る”


開催日:2019年7月27日(土)
会場:成蹊大学10号館2階第2中会議室
時間:15:00〜17:30
参加者:17名
登壇者:李 暁東 氏
(島根県立大学 総合政策学部教授、
北東アジア地域研究センター長)
司 会:平石 耕 氏(成蹊大学法学部教授)



このイベントは、李暁東氏に近著『現代中国の省察―「百姓」社会の視点から』(国際書院、2018年)をもとに、自身の研究テーマについてご報告をいただくというものでした。李氏は、元来、清末期の中国政治思想史に関心を持っており、 厳復や梁啓超といった近代中国の知識人が同時代の日本の明治啓蒙思想の影響なども受けながら、どのように近代化を構想していったかを研究してこられました。 その後は、現代中国が抱える実際問題にまで関心を拡げ、幅広い研究活動を貫いておられます。李氏は成蹊大学大学院法学政治学研究科の修了生でもあり、懐かしい同志から現役の大学院生、名誉教授と幅広いメンバーが集まり、意見交換が活発に行われ、盛況のうちに幕を閉じました。




当日の様子はCAPSニューズレターNo.144に掲載予定。


2019年度アジア太平洋研究センター主催公募企画
“An International Conference on the Aesthetic Mechanisms of Ocean Representations In British, American, and Asian Contexts”

imageimageimage imageimage

2019年度アジア太平洋研究センター主催公募企画
“An International Conference on the Aesthetic Mechanisms of Ocean Representations in British, American, and Asian Contexts”


開催日:2019年7月13日(土)、14日(日)
会場:成蹊大学6号館6階601会議室B/C
時間:13日(土)11:30〜18:00、14日(日)11:00〜17:30
参加者:延べ50名

登壇者:※ Mary Fuller 氏(マサチューセッツ工科大学)、
Emma Teng 氏(マサチューセッツ工科大学)、
Laurence Williams 氏(上智大学)、
遠藤 不比人 氏(成蹊大学)、
Dougal McNeill 氏(ヴィクトリア大学 ウェリントン)、
巽 孝之 氏(慶應義塾大学)、
下河辺 美知子 氏(成蹊大学)、
Alex Watson 氏(明治大学)、
原田 範行 氏(慶應義塾大学)、
Steve Clark 氏(東京大学)、
守重 真雄 氏(慶應義塾大学)、
越智 博美 氏(一橋大学)、
Fabien Arribert-Narce 氏(エディンバラ大学) ※登壇順



アジア太平洋研究センター主催公募企画はアジア太平洋地域に関する学術研究の社会的発信、もしくはアジア太平洋地域における学術的研究交流を目的としたシンポジウム・ワークショップ・国際会議等の企画を本学内で募集し開催するもので、今回が初開催となります。
13名の登壇者をお招きし、「海洋表象の美的メカニズムをめぐる国際的研究」をテーマとした国際会議が二日間にわたり開催されました。登壇者が別のセッションの司会を行うなど、セッションごとに沢山の意見交換が行われました。昼食や休憩時も会話が弾み積極的な参加者同士の交流がありました。企画責任者の遠藤不比人成蹊大学文学部教授からは、学問的な水準、議論の活性化、研究ネットワークの構築などの目的において満足のいく成果をあげられたとの報告がありました。


当日の様子はCAPSニューズレターNo.144に掲載予定。


2019年度【CAPS CINEMA】「グローバリゼーションのなかの地域共生」 映画上映&講演会

imageimage imageimage imageimage

成蹊大学アジア太平洋研究センター主催
成蹊大学地域共生社会研究所後援
【CAPS CINEMA】「グローバリゼーションのなかの地域共生」
『幸せの経済学』上映&浅羽隆史氏講演会

開催日:2019年5月25日(土)
会場:成蹊大学4号館ホール
時間:14:00〜17:00(講演15:25〜)
参加者:168名
上映作品:『幸せの経済学』
講演者:浅羽隆史氏
(成蹊大学法学部教授・地域共生社会研究所所員)
<専門:財政学・地方財政>

このイベントでは、グローバリゼーションの弊害の解決策として、ローカリゼーションの大切さを謳ったドキュメンタリー映画を通して、地域コミュニティのあり方を考えるという趣旨で開催されました。 上映後には、本学法学部教授で財政学や地方財政論がご専門の浅羽隆史先生にご講演いただきました。ご講演ではまず、経済学の視点からグローバリゼーションについて解説いただきました。続いて、武蔵野市の無電柱化の事例を中心に取り上げながら、持続可能な共生社会の実現には、財源措置に加えて、地域での自発的・自律的な取り組みが不可欠であることをお話いただきました。最後には参加者も含めた意見交換が活発に行われ、盛況のうちに幕を閉じました。




当日の様子はCAPSニューズレターNo.143に掲載。






 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp