2020年度からの
新カリキュラム

高い専門性を目指す
新たな高度職業人養成システム

現代社会の要請に応え、高い専門性と幅広い教養を身につけた卒業生を社会に送り出すことを可能とする【高度職業人養成システム】を導入します。このシステムは、【エキスパート・コース】【重点学修認定制度】から構成されます。
さらに公務員試験受験希望者に配慮した新たな科目群【コンデンスト講義シリーズ】と、グローバル化に対応し、必要な専門性に裏打ちされた教養を実現するために、新たな授業形式の【クロスオーバー演習】も導入します。

2つの【エキスパート・コース】

自発的な学習意欲が高い学生を対象にして、専門科目で得た知をさらに深め、幅広い教養と専門性の融合を目指した【エキスパート・コース】を設置します。コース修了者に対しては、修了証を発行します。コース修了者は、自らのキャリアパスを意識し、法律学や政治学の専門特性を活かした職業機会の探求を期待できます。

法律学(リーガル)エキスパート・コース
【LEコース】

法学部法律学科生の法曹志望者、国家公務員志望者、資格試験受験希望者などを対象とします。コースの修了にはコース科目の中から所定の単位数の修得が必要です。但し、コースに配置されている科目を個別に履修することも可能です。また、政治学科生も履修可能です。

閉じる
政治学(ポリティカル・サイエンス)エキスパート・コース
【PSEコース】

コースの修了には、コース科目の中から所定の単位数の修得が必要です。

α) 課題解決系:学生による自主的課題の発見と解決の模索を行います。
人権・環境・開発・多文化共生・民主主義・人口減少・高齢化・地域活性化などの課題を深く理解し、その解決策を模索します。また可能な限り、学生が相互に競いながらプレゼンテーションを行う機会を作ることで、参加意識やインセンティブを高めます。

β) 課題探求系:政治学の特定分野に関する掘り下げた理解を目指します。
歴史研究や比較研究に基づいて、自由・民主主義・平等のような政治学の古典的課題が、現代社会においてどのような形をとって表れているのかを深く理解します。

閉じる

重点学修認定制度

学びにおいて何を軸としているのかを自覚して学修を進め、より高度な専門性を身につけることに積極的に取り組めるように重点学修認定制度を導入し、所定の単位数を修得し学修に積極的に取り組んだ学生に認定証を発行します。

法律学科

憲法、民法、刑法などの基本科目を修得した上で、より明確な焦点をもった学修に積極的に取り組み、所定の単位数を修得した学生に認定証を発行します。(科目は変更になる場合があります。)

【金融と法】
民法Ⅳ、商法Ⅰ、商法Ⅱ、商法Ⅲ、民事手続法Ⅰ
民事手続法Ⅱ、金融法、信託法、不動産登記法

【行政と法】
憲法Ⅱ、行政法Ⅰ、行政法Ⅱ、地方自治法、社会保障法
行政学、財政学

【国際関係と法】
憲法関係新設科目、国際法Ⅰ、国際法Ⅱ、国際私法Ⅰ
国際私法Ⅱ、比較法Ⅱ、比較法Ⅲ、国際政治学

閉じる

政治学科

学生の重点学修を促すために「政治理論・歴史」「現代政治・行政」「国際政治」の各コースを設置し、その所定の単位数を修得した学生に認定証を発行します。

閉じる

法学部 新カリキュラム

内容やカリキュラムは変更となる場合があります。

関連リンク