学科・大学院

高度職業人養成コース プログラム概要

高度職業人養成コース 5つの特徴

国際理解科目が充実
(国際感覚を自分の武器に)

ビジネスの国際化に対応できるように、国際理解科目によって国際感覚を磨き、英語コミュニケーション能力を強化することができます。

自由の中にこそ自律がある
(自己設計科目)

修了所要単位の中に自己設計科目という区分があり、自分で関心のある科目を自由に修了所要単位の中に組み込むことができます。

経済、経営未修者にも対応
(補助演習で基本科目のサポート)

経済学、統計学未修者には補助演習が用意されており、入門にあたる基本科目の修得が十分に行えるような万全のサポート体制が整えられています。

自分にあった学修計画
(弾力的な修業年限)

経済・マネジメントプログラム(修業年限2年)の他に、長期履修プログラム(修業年限4年)を開設しています。

最高の成果には最高の褒賞
(早期修了制度)

成績が極めて優秀で研究成果も優れている人は、1年で修了し、修士の学位を取得することができます。高度職業人養成コースの経済・マネジメントプログラムと公共政策プログラムのみに認められています。

高度職業人養成コース 4つのプログラム

経済・マネジメントプログラム 経済学、経営学をベースにして実践的な経済政策やマネジメント手法の基本を修得し、高度専門職業人としての基礎を養成するプログラムです。
長期履修プログラム 4年間で計画的に学修していくプログラムです。週1日大学に通い、年間8~10単位程度を修得していきます。各年度の授業料は一般プログラムの半額になります。このプログラムを履修するためには、まず科目等履修生として半年以上在籍している必要があります。
・長期履修プログラムの出願手続きについてはこちらをご覧ください。
公共政策プログラム 経済学専攻だけにあるプログラムです。特に財政、福祉などの公共政策に関する知識を修得し、将来政府や地方行政に関する高度な職業に従事する人材の育成を目的とします。
高度税務プログラム 経営学専攻だけにあるプログラムです。特に税務に関して専門的な研究を行い、将来税務に関する高度な職業に従事する人材の育成を目的とします。税務に関する研究と職業に深い関心を持ち、税務に関するテーマで修士論文を書くために必要な会計、税法などの基礎学力を有している人を歓迎します。