学科・大学院

経済経営学科 ゼミリスト

フレッシャーズ
・セミナー

幅広いテーマがそろう「フレッシャーズ・セミナー」で学びの基礎を身に付けます。

1年次の「フレッシャーズ・セミナー」では多彩なテーマをそろえ、身近で親しみやすい話題の中から大学生としての学びの基礎を身に付けます。少人数のゼミを通して身に付ける発表や討論の技術・方法は、経済学部での4年間の学びの軸となるものです。

  • 優れたサービスとは何か
  • 大学生・社会人に必要な基礎スキルを身に付ける
  • ヒット商品の裏側を探る
  • 情報技術の修得
  • 長寿社会の生き方を考える
  • ハイジの村の社会経済学
  • 経済学的な考え方を身に付ける
  • Dividing and Understanding the World
  • ヨーロッパについて調べる
  • ニュースで学ぶ経済学
  • PC WORKをマスターする
  • 日本文化の再発見
  • 自然の凹凸(地形や気象)を科学する
  • 世界の動きを英語で知る
  • 実験して学ぶエコノミクスの概念
  • 大学生活に対する意識を調査する
  • データ・ビジュアライゼーション
  • 民主制と市場経済システムについて考える
  • 調査・研究の基礎を身に付ける
  • 学生時代に何を学び行動するか
  • 実生活に役立つストレス対処のレパートリーについて考える
  • 大学で必要なスタディスキルを身に付ける
  • うまい「ものづくり」の仕組みづくり
  • 未来を予測する
  • 結婚の経済学
  • スポーツのパフォーマンス分析
  • 働き方からクール・ジャパンを考える
  • 大学4年間の経済学を3カ月で学ぶ
  • 経済学の分析対象となるトピックスを知る

トピックス演習、
コア演習

Medieval European Society

詳細

Students will learn about the medieval foundations of contemporary European society. We will explore the history, literature, archeology, architecture, religion and economy of medieval Europe, with a particular focus on the northwestern Europe (Britain, France and Scandinavia). You will be encouraged to develop your critical thinking skills as you interpret original texts, artefacts and architecture from the period.

閉じる

英語を通して日本文化を考える

詳細

無意識の中にある日本文化を意識的に捉えることがゼミの目的です。ゼミでは、英文を読むことを通して、日本文化や日本人の気質、日本の伝統芸能(能、狂言、文楽、歌舞伎など)について考えていきます。実質的な国際共通語である英語を通して、世界の人々に対して、伝統的な日本文化のみならず現代の日本を紹介し、理解してもらうだけの知識と表現力の獲得を目指します。

閉じる

消費者心理とマーケティング

詳細

私たちは様々な製品やサービスに囲まれて生活しています。その中には、ディズニーやiPhoneのように、多くの消費者を魅了している製品やサービスもあります。企業やブランドが消費者を魅了し、大きな売り上げを獲得するためには、消費者心理を正確に理解し、それに対応したマーケティング戦略を立案することが欠かせません。そこで本演習では、基礎研究から消費者心理についての理解を深めたのち、事例研究から実際のマーケティング戦略と消費者心理との結び付きについて探っていきます。最終的には、消費者ニーズの理解をもとに、自分たちなりのマーケティング戦略を立案し、実務家の方を前にプレゼンテーションします。

閉じる

時事問題について考えてみよう

詳細

この演習では、時事問題を題材にディベートを行います。タイムリーな時事問題で何が問題になっているのかについて理解を深めること、およびディベート的なアプローチを使うことで賛成側と反対側の双方の意見の論点整理や自らの意見を効果的に主張する方法などを実戦的に学びます。

閉じる

経営学の基本や方法論を学ぶ

詳細

この演習は、2年次の学生を対象に、経営心理および、その知識を利用した戦略やマーケティングについて理解するための基本的な知識を演習形式で修得するものです。本年度は、経営学の基本的な内容を勉強した後に、その知識に基づいて簡単な実地調査とアンケート調査を実施します。それによって理論と実証という基本的な経営学の手法を学ぶことが可能となります。

閉じる

会計の視点で企業をみる

詳細

皆さんの身の回りの企業について会計的な視点で解明し、初歩的な分析ができるようになることがこの演習の目的です。具体的には、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書という3つの重要な財務表の役割を理解し、実際に分析で生かせるようになることを目標とします。

閉じる

リーダーシップに関して実践的に学ぶ

詳細

組織心理学の基本的な理論について学んだ上で、受講生各自が興味を持ったリーダーを研究し、チーム単位で事例研究やインタビュー調査を実践し、発表を行います。

閉じる

世界経済の過去と現在と未来を考える

詳細

世界はどのような軌跡を描いて経済発展を遂げてきたのでしょうか。そして、これから先どうなるのでしょうか。「歴史に学び、歴史の理解をもって未来を解く鍵とする」ことによって、世界経済の過去と現在と未来を考えていこうというのが、この授業のテーマです。授業では、現在最も優秀な経済史家の一人であるロバート・アレンの力作を素材にしながら、日本を含む世界の経済発展を決定づけた要因は何なのかについて学んでいきます。

閉じる

ミクロ経済学を学ぶ

詳細

経済は様々な要因が絡み合って生成される複合的現象であり、一見身近なようであっても、全体像を把握するのはなかなか困難です。ミクロ経済学をはじめとする経済理論は、そのような経済を理解するために必要な分析的道具を提供してくれる基礎部門です。この演習では、1年次に履修した「ミクロ経済学入門」「企業と市場」の授業を受けて、その復習もかねつつ、応用面に目を向けながら、経済学の基礎理論であるミクロ経済学の修得を目指します。

閉じる

国際化社会と国際人について考える

詳細

海外との接点が増えつつある今日、留学したい、海外で仕事がしたい、あるいは世界を見てみたい等の希望を持つ人も多いと思います。海外で生きるために必要とされるのは異文化と共存できるだけの柔軟性と精神的なタフさ、よい意味での自己主張の強さと日本人としてのアイデンティティの確立でしょう。この授業は国際社会を目指す人々を対象に、海外と関わってゆくには何が必要かについて学びます。国際社会と向き合うための多角的な視点・思考法を養うことが目的です。

閉じる

上級演習 Ⅰ・Ⅱ、
卒業研究

ビジネスとレギュレーション

詳細

レギュレーションというと難しく感じられるかもしれませんが、ビジネスは、会計や法令など種々のルール(レギュレーション)に従うことになります。そこで、ビジネスを成功させる(儲かるビジネスモデルを作り上げる、またはコンペティターのビジネスモデルを戦略的に崩す)ためには、そのルールをよく理解しておくことが必要となります。前期では、企業のビジネスモデルと比較的分かりやすいフォーマルなルール(法令など)の関係について学修し、後期は、企業の利益に貢献するインフォーマルなルールについても着目し、それが社会で受け入れられた理由や背景などを考察することとします。

閉じる

企業行動研究

詳細

実在の企業の様々な側面(事業内容、財務業績、沿革、強み・弱み、戦略ポジション、経営者、組織構造、経営管理ツールなど)について取り上げ、分析し、今後の動向について考察します。

閉じる

地域経済プロジェクトの企画・実施

詳細

地域の再生戦略として、観光とまちづくりが注目されています。本演習では、「大学生による観光まちづくり」と題して、外部の団体と協力して、地域の魅力を発見し周囲に伝える方法を企画提案します。他の大学や社会人の方々と実際にプロジェクトを企画・運営することでコミュニケーション力と現場力を高め、社会人としての準備をします。

閉じる

消費者理解とマーケティング戦略

詳細

現実社会の中から自分たちで問題を見つけ出し、主に消費者行動の観点でその答えを探り、企業のマーケティング戦略に対して何らかのインプリケーションを提示することを目指します。その過程で、仲間とディスカッションしたり、人前でプレゼンテーションしたりする能力の向上も図っていきます。活動の集大成として、関東近郊の大学でマーケティングを学ぶゼミナールが集まり研究を発表する大会(コンテスト)に参加します。

閉じる

データの可視化(データ・ビジュアライゼーション)

詳細

ビッグデータという言葉が日常的に聞かれるような時代になったものの、世間の大半の人は統計学を正確に知りません。そのため、せっかく統計分析した結果であっても、伝えたい相手が統計学の専門用語を知らなければ、伝わりません。本演習では、数千から数万におよぶ大規模なデータを使って実用に耐えうるエクセルや統計アプリの使い方などの実践的な統計分析を身に付けるとともに、数値を効果的にビジュアル化する技術を鍛えます。

閉じる

シンクタンクの課題研究と経営分析

詳細

収集した株価データ、企業財務データを用い、高収益企業と株価の関係について分析します。どのような企業が収益性が高く、それらが株価へ反映される可能性が高いのかをEViews他の計量経済分析ソフトウェアを使用して統計的に検証し、成功を収めている企業の共通の特徴について研究します。

閉じる

ビジネスゲーム研究

詳細

グループで様々なビジネスゲームに取り組みながら、企業経営に関する知識やスキルを身に付けることに加えて、パソコンを活用してモデル作成や意思決定の手法も学びます。また、ビジネス環境をゲーム化する、ゲーミングやゲーミフィケーションにも取り組みます。

閉じる

家族と社会保障

詳細

「恋愛、結婚、子育て、教育、介護」といった家族をとりまく事象と社会保障(年金、医療、福祉、労働問題など)の関係について研究します。調査や分析は、経済学だけでなく、社会学や心理学の知見からも行い、討論やグループワーク、提言を通して理解を深めます。

閉じる

人材マネジメントと組織心理

詳細

働く人のモティベーションが企業の収益を左右することは、もはや周知の事実かと思います。ゼミではそうした組織の中での人間心理について実践的に学びます。組織心理学や人的資源管理論の知見を生かして、どうしたら組織(会社・大学・部活など)が今より良くなるかについて提言を行うのが目標です。

閉じる

ゲーム理論+行動経済学

詳細

ゲーム理論と行動経済学は共に、社会・経済の中での人間行動を分析対象とするのですが、それらの人間観はちょうど正反対です。日々の自分たちの行動や様々な社会現象・経済現象を、ゲーム理論と行動経済学という、あえて両極端の人間観を持つ2つの学問を通して考察していきます。

閉じる

ジャズ・エイジのアメリカ : 大恐慌までの行程とその舞台裏

詳細

第一次世界大戦後、ジャズ・エイジと呼ばれた1920年代にアメリカは繁栄の頂点を極めました。しかし、1929年の世界大恐慌により、経済活動の停滞やあふれる失業者により、大不況に苦しみ、様々な悲劇を体験します。本演習では、アメリカが繁栄の極みからどん底へと落ちていった過程を、その文化的側面から再考察することによって、「ジャズ・エイジ」を解明していきます。現代社会の基礎を多く作り上げたこの時代から、どの様な教訓を学び取ることができるのかを考えていきます。

閉じる

江戸・東京の経済発展と環境変遷

詳細

人間社会の土台となる自然環境は絶えず変化し、また人間活動は自然環境を変化させます。ゼミでは、江戸時代の開発に始まり、明治維新や関東大震災、敗戦、高度経済成長を経験し、2020年の東京オリンピックに向けて、「東京」という都市がどのように変容してきたかを議論します。また、普段生活している東京の都市構造について再認識し、興味を持ってもらうことも目的です。

閉じる

組織文化の多面的・多角的分析

詳細

「組織文化」とは、創業者を含む組織メンバーの価値観や理念、考え方や行動を通じて形成される、組織の性格(キャラ)のようなもので、組織の活動や業績に少なからず影響します。このゼミでは、組織文化の捉え方を学び、実際に色々な会社の組織文化を様々な角度から分析します。多くの企業の組織文化を分析して、好業績の理由を探ったり、自分に合った企業を見つけてみませんか。

閉じる

事例等から投資家・企業・マーケット・金融機関・金融商品について多面的に学ぶ

詳細

ファイナンス(金融)に関連づけて様々な現実の経済問題を考えていきます。ファイナンスに関係するニュースというと、完全にどこか遠い世界の話か、ものすごく狭い話題かのようなイメージを持たれるかもしれません。しかし、決してそうではなく、実は私たちにとっても身近に関係する問題が含まれます。ファイナンスの観点から問題を理解することも大切なことなのです。

閉じる

エクセレント(ビジョナリー)カンパニーの研究

詳細

これまでアメリカの経営コンサルティング会社の経営者や出身者によって卓越した企業や先見性のある企業に関する研究が行われており、これらの優良企業に共通の属性を調査・分析する試みが見られます。本演習では、関連する文献を学習するとともに、受講生がチームを組んで自主的にエクセレント(ビジョナリー)カンパニーを選んだうえで、経営戦略や企業業績、株価のパフォーマンスの分析などを行い、優越性の背景について考察を行います。

閉じる

世界都市東京の文化・経済・地理

詳細

東京(圏)は、世界都市の一つとして位置づけられ、今日も都市再生、国際戦略総合特区・国家戦略特区などの政策によって、また、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、さらなる変貌を遂げようとしています。本演習では、デスクワークに加えて、フィールドワークを通じて、東京圏の地域変容の現在を分析し、様々な観点からディスカッションしていきます。

閉じる

経済発展と健康・幸福

詳細

経済発展と健康・幸福の関係について最先端で研究を続けてきた、現在最も優秀な経済学者の一人であり、2015年10月にノーベル経済賞を受賞したアンガス・ディートンの力作を素材にしながら、経済発展が日本を含む世界にどのような影響を与えたのかを学びます。

閉じる

経営心理と企業戦略

詳細

企業で働く人たちやその管理者、さらには、企業の競争戦略や市場戦略の影響を受け、商品やサービスを購入する顧客に焦点を当てて、その心理や行動を解明・分析していくことを目標にしています。仮説を提示し、文献研究や実証研究などを通じて、その仮説に対する明確な結論を導き出していきます。

閉じる

統計と数理計画法を用いた企業の効率性分析

詳細

自分の興味のある企業10社程度の経営資源(資本金、資産、従業員数など)と経営成果(営業利益、当期利益、売り上げ、顧客数など)の変数を5個程度Excelに集めてDEAと呼ぶ分析プログラムに流せばすぐにどの企業が効率的あるいは非効率的かの結果が得られます。ゼミでは、なぜそのような結果が得られたのかを調べます。さらに分析結果を統計分析することも行います。

閉じる

国際税務

詳細

各自税務に関して興味のあるテーマを設定し、参考となる資料・文献を集め、報告とディスカッションを行っていきます。

閉じる

消費者視点のマーケティング戦略

詳細

最近の買い物を思い浮かべてみてください。なぜその製品やサービスを購入したのでしょうか。その製品やサービスに満足できたのでしょうか。ゼミではこうした身の回りの購買行動を題材に、企業の展開すべきマーケティング戦略について検討していきます。消費者としての直感を大切にしながら、関連分野の理論を用いて、企業のマーケティング戦略に関する理解を深めます。

閉じる

ビジネス・プレゼンテーションの技術と応用(危機管理を考える)

詳細

担当者の国際機関(国連、世界銀行)での経験をもとに、社会で必要とされるプレゼンテーション能力をマスターすることを目指します。また、危機管理の考え方を学ぶことにより、自分のプロジェクト(計画・行動・目標)を成功に導くための基本的能力を修得します。様々な実際の失敗例(事故・不祥事・社会問題など)のケース・スタディを通じて、どのようにしたら失敗のリスクを最小にして、成功に導けるかをグループワークやディスカッションによって学びます。

閉じる

日本と世界の経済を考える

詳細

アベノミクスやオリンピック開催の経済効果に代表されるような日本経済の今日的な課題について、その背景や経緯を理解するとともに、世界の中での日本の占める位置づけや今後の可能性について理解を深めます。

閉じる

日本の業界・企業分析

詳細

興味のある日本の業界・企業について、業界全体の動向(売上高や成長性など)、業界内の個別企業の活動(代表的な企業同士の比較)、社会的責任(CSR)と社会的責任投資(SRI)、業界または企業のM&A(国内・クロスボーダー)を調べ、学びます。

閉じる

これからどうする日本の住宅市場

詳細

グローバリゼーションが進む中、東京一極集中と産業空洞化による都市(コミュニティ)の崩壊は凄まじい勢いで進行しています。ゼミでは、今コミュニティ(都市)で顕在化している問題、中でも住宅市場にスポットを当てながら、これからのコミュニティのあり方について、経済学・経営学だけではなく政治学・社会学など様々な視点から検討を行います。

閉じる

環境問題と消費者の心理・行動

詳細

企業と環境問題について、企業経営や経営戦略の視点から環境問題を捉えて分析する技術を身に付けることを目指します。また、環境問題に加えて、マーケティング理論や消費者行動理論の学修をしていきます。学生は、関心を持つ具体的なテーマについてグループごとに調査し、成果をまとめていきます。

閉じる

環境と資源の経済学

詳細

自然環境は、人間社会の土台となる社会基盤を与えてくれます。それなのに人間の活動は、自然環境に影響を及ぼしています。人間社会の自然基盤を破壊し続けることなく、これからも生活の糧を得続けることができるのでしょうか。ゼミでは、現代を生きる私たちにとって避けることのできない環境問題について考えるための基本を修得します。

閉じる

フランスの高級品産業

詳細

フランスには非常に長い伝統を持った実に様々な高級品(=ラグジュアリー製品)があります。それはある意味ではこうした個々の製品それ自体の枠を越えて、世界の中のフランス・ブランドと言い換えてもいいでしょう。この演習ではフランスのこうした所謂ラグジュアリー・ブランドに関して、経済史的・政策史的なアプローチ、経済学説史的なアプローチ、経営戦略的アプローチの3つの軸でその来し方、現状、行く末を学びます。

閉じる

イノベーションのマネジメント

詳細

新製品・サービスを生み出す「イノベーション活動」を成功裏に導くための企業の戦略と組織運営のあり方について、その背後にある理論にまで踏み込んで考えます。また工場見学を通してものづくりの現場にも触れます。

閉じる

企業組織と人材育成

詳細

「人を育てるとは」「人のやる気とは」という問題を中心にして様々な角度から考えていきます。日本ではよく「企業は人なり」と言いますが、現在日本の多くの企業が人材育成や組織構築に関して悩み苦しんでいます。日本の企業の組織や人材育成システムを研究し、コーチング理論、モティベーション理論、リーダーシップ論、NLP理論などをベースとして、人のやる気が人材育成に果たす役割について考えていきます。

閉じる

応用経済学の研究
~日本経済、金融、政策、企業・産業の分析~

詳細

日本経済と金融経済学を応用し物事を考え、それを発表する「研究」に取り組みます。研究テーマは「日本経済と金融」を大きなテーマとし、自分自身が関心が持てる課題を自由に選択します。それを通じて、経済学の理論・実証的な分析方法を用いて研究します。

閉じる

ファッションをめぐる環境問題

詳細

ファッション産業とその文化は、流行という形で表出したり、服の色や形がカウンターカルチャーの象徴になったり、経済状態を反映したりします。ファッションデザイナーの三宅一生がいち早く提言してきたように、服地の原材料の生産地や製造工場の拠点を考えるならば、ファッションは環境問題の視点を組み込むことなく分析することはできないものでもあります。このゼミでは、そのように奥行き深いファッションと環境問題ならびに私たちの社会との関連性を追究していきます。

閉じる