2020年4月、経済学部刷新。

成蹊大学トップ

2020年4月、経済学部刷新。新しい経営学部と経済学部が誕生します。2020年4月、経済学部刷新。新しい経営学部と経済学部が誕生します。

経営学部(仮称)総合経営学科(仮称)

2020年4月設置予定

経済学部(仮称)経済数理学科(仮称) 現代経済学科(仮称)

2020年4月設置予定

2020年4月 設置構想中 
※名称や科目等、内容は計画中で、変更が生じる場合があります。

経営学部(仮称)総合経営学科(仮称)|経済学部(仮称)経済数理学科(仮称) 現代経済学科(仮称)|2020年4月 設置構想中 ※名称や科目等、内容は計画中で、変更が生じる場合があります。

2020年4月、成蹊大学の経済学部は生まれ変わります。
専門性をより高める2学部3学科に刷新。
新しいリベラルアーツ教育とグローバル教育を取り入れた
教養カリキュラムを導入。
専門分野を深く学びながら、幅広い教養と視野を身に付ける
学修環境を整備します。

複雑化と多様化が進むこれからの社会を生き抜くために。
その力を、成蹊大学で手に入れよう。伸ばそう。

新学部・新学科紹介

PICK UP 1 成蹊大学の特色ある学びのポイント

成蹊スタンダード

成蹊スタンダード

成蹊大学の教養教育を改革し、全学部共通の新たな教養カリキュラムとして2020年からスタートするのが、「成蹊スタンダード」です。「外国語」「技能」「教養基礎」「持続社会探究」の観点から広い教養と汎用性の高い技能を習得します。

グローバル教育 プログラム(EAGLE)

グローバル教育 プログラム(EAGLE)

EAGLE(イーグル)は、2020年から始まる学部横断型の教育プログラムです。30名の学生のみを対象とした少人数授業で、1、2年次にかけて英語運用能力を徹底的に高めます。ビジネスや実社会で求められる実践的な英語スキルを磨き、世界の舞台に力強く羽ばたく人材を育成します。

EAGLEのメリット
  • 英語の4技能(聞く・読む・話す・書く)をマスター
  • 手厚い奨学金が支給される留学制度
  • 世界の今を身近に感じる少人数授業
  • 外国人と暮らしながら学ぶ国際学生寮の拡充(予定)
丸の内ビジネス研修 (MBT)

丸の内ビジネス研修 (MBT)

MBTは、約8カ月間かけて行う学部横断型の産学連携人材育成プログラムです。協力企業からの課題にグループで取り組み、プレゼンテーションを行うなどの実践体験を通じて、実社会で活かせる協働力、課題発見力、解決力などを養います。協力企業でのインターンシップも行います。

PICK UP 2 ローカルもグローバルも。キャンパスを超えた学びのカタチ。

地域連携・地域交流

地域連携・地域交流

キャンパスのある武蔵野市と協働する「地域連携型授業」のほか、 ボランティア活動や地域のイベント参加、東京2020オリンピック・パラリンピック学習事業、ルーマニア交流事業など、地域や社会とつながることで、新しい価値を創造します。

主な取り組みの一例
  • 吉祥寺プロジェクト(理工学部)
  • 成蹊大学クリスマスプロジェクト(経済学部)
  • コミュニティ演習(文学部)
  • 成蹊教養カリキュラム「武蔵野地域連携セミナー」(全学部)
留学サポート

留学サポート

真の国際人を育成するため、成蹊大学では3種類の留学制度を用意しています。また、各種奨学金制度や授業料減免制度などの経済的サポートも充実しています。

①協定留学

世界13カ国、28大学と 直接、協定を結んでいます。

②JSAFプログラム

一般財団法人JSAFを通じ、約100大学へ留学可能です。

③認定留学

休学せずに6カ月または1年間 (最大2年まで)留学できます。