何を学ぶか?

学びの特色

数理的に経済学を学び社会問題の解決を目指す

経済学の基礎理論にはミクロ経済学とマクロ経済学の二つがあります。本学科では特に数理的側面を重視しつつ、この二つの経済学を系統的に学びます。これらを通して、経済数理モデルを構築して分析していく手法を身に付け、国際貿易・企業間競争・金融マーケットなど諸分野の研究や、少子高齢化・環境・不平等などの社会問題の解決のために応用します。

膨大なデータを解析する統計的思考力を養う

高度情報化社会と言われる現代では、インターネット上に膨大なデータが溢れています。しかし、大切なことは膨大なデータから正しい知見を得ることであり、まさにそのような能力を持つ人材が社会で求められています。本学科では、計量経済学をはじめとする講義やゼミの中で、データ収集・解析のための統計的思考力とプログラミング技能を修得することができます。

世界標準の経済学を無理なく身につける

本学科の基盤となるミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学は「世界標準の学問」であり、その合理的思考法は、国境や時代を越えて、様々な困難に立ち向かうための武器となります。本学科での工夫を凝らしたカリキュラムにより、これらの「世界標準の学問」を無理なく身に付けることができ、3 年次終了時には大学院初年度向けの英語教科書が理解できる程になるはずです。