誰に学ぶか?

ゼミナール

総合経営学科のゼミ(演習)

1年次基礎演習

  • 優れたサービスとは何か
  • 企業や業界を調査・分析する
  • 大学生・社会人に必要な基礎スキルを身に付ける
  • 日本の魅力をPRする方法について考える
  • Dividing and Understanding the World
  • 日本文化の再発見
  • 日本におけるスペインのイメージと現実
  • 大学生活に関する意識を調査する
  • データビジュアリゼーション
  • 演習で必要となる事柄の基礎を学ぶ
  • 調査・研究の基礎を身に付ける
  • 起業家の学生時代の思想や行動について研究する
  • 実生活に役立つストレス対処のレパートリーについて考える
  • 大学で必要なスタディスキルを身に付ける
  • AIに関する知識を身に付け、動向を把握する

2年次戦略的問題解決型プロジェクト演習A・B・C
  • 消費者心理とマーケティング研究

    事例研究から実際のマーケティング戦略と消費者心理との結びつきについて探り、最終的には、マーケティング戦略を立案し、実務家を前にプレゼンテーションを行います。

  • マーケティング研究

    実際の企業から提示されるマーケティングの課題(広告コピーの考案やCM作成等)に取り組みます。論理的にアイデアを導きだすことでマーケティングを体感していきます。

  • リーダーシップ研究

    組織心理学の基本的な理論について学んだ上で、受講生各自が興味を持った実際のリーダーを研究し、チーム単位で事例研究やインタビュー調査を実施して最も望ましいリーダーシップについて考察します。

  • 経営心理研究

    企業の具体的な課題を消費者や働き手の心理の観点から理解するための演習です。簡単な実地調査とアンケート調査を実施して、与えられた企業の課題に答えていきます。

  • 財務会計からの企業研究

    身の回りの企業について貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書という3つの重要な財務諸表の役割を理解し、実際に分析で生かせるようになることを目標とします。

  • 実践ファイナンス研究

    最近の経済問題や実際の企業を取り上げて、ファイナンス(金融)に関連づけつつ多面的に理解することを目指します。実際の課題からファイナンスが私たちに身近な問題であることを理解することが目標です。

3年次、4年次経営専門演習Ⅰ・Ⅱ、経営卒業研究
  • 消費者視点のマーケティング戦略経営

    身の回りの購買行動を題材に、企業の展開すべきマーケティング戦略について検討していきます。消費者としての直感を大切にしながら、関連分野の理論を用いて、企業のマーケティング戦略に関する理解を深めます。

  • 企業行動・経営手法研究

    「経営学」および「会計学」に関する様々な実際上の問題を取り上げ、研究調査し、成果物を作成します。その時々の経営関連トピック、特定の業界・企業研究、関連する学説研究、マネジメント手法を検討し、発表します。

  • 儲かり続けている会社のヒミツを探る

    安定的に儲けている会社について、「なぜ」儲かっているのかを多角的な観点から分析・検討します。第4次産業革命後の将来を見据え、シェアリングエコノミーの拡大やAIの発展が企業・産業経済に及ぼす影響についても考えます。

  • 消費者理解とマーケティング戦略

    現実社会の中から自分たちで問題を見つけ出し、主に消費者行動の観点でその答えを探り、企業のマーケティング戦略に対して何らかのインプリケーションを提示することを目指します。

  • 経営心理と戦略

    企業で働く人たちやその管理者、さらには、企業の競争戦略や市場戦略の影響を受け、商品やサービスを購入する顧客に焦点を当てて、その心理や行動を解明・分析していくことを目標にします。

  • ビジネスゲーム研究

    様々なビジネスゲームに取り組みながら企業経営に関する知識やスキルを身につけ、モデル作成や意思決定の手法も学びます。ビジネス環境をゲーム化するゲーミングやゲーミフィケーションにも取り組みます。

  • 企業組織と人材育成

    日本の企業の組織や人材育成システムを研究し、コーチング 理論、モティベーション理論、リーダーシップ論、NLP理論などをベースとして、人のやる気が人材育成に果たす役割について考えていきます。

  • 環境問題と消費者の心理・行動

    企業と環境問題について、企業経営や経営戦略の視点から環境問題を捉えて分析する技術を身につけることを目指します。また、環境問題に加えて、マーケティング理論や消費者行動理論の学修をしていきます。

  • フィンテックに焦点を当て、経済問題を考える

    フィンテック(金融サービスと情報技術を組み合わせた造語)に焦点を当て、様々な現実の経済問題を考えます。フィンテックには、スマホでの決済など、私たちにとっても身近に関係する問題が含まれています。

  • エクセレント(ビジョナリー)カンパニーの研究

    受講生がチームを組んで自主的にエクセレント(ビジョナリー)カンパニーを選んだ上で、経営戦略や企業業績、株価のパフォーマンスの分析などを行い、その優越性の背景について考察を行います。

  • 企業の課題発見・解決型プロジェクト

    企業の商品開発企画、地域活性化、中小企業のグローバル化などをテーマとし、チームで課題・問題を発見し解決するプロジェクトを実施します。起業家、経営者等へのインタビューやフィールド調査の企画なども行います。

  • 組織文化の多面的・多角的分析

    組織文化の捉え方を学び、実際に色々な会社の組織文化を様々な角度から分析します。多くの企業の組織文化を分析して、好業績の理由を探ったり、自分に合った企業を見つけてみませんか。

  • 人材マネジメントと組織心理

    働く人のモティベーションが企業の収益を左右することは周知の事実です。そうした組織の中での人間心理について実践的に学びます。組織心理学や人的資源管理論の知見を生かし、組織が今より良くなる方法について提言します。

  • イノベーションのマネジメント

    イノベーション活動を成功裏に導くための企業の戦略と組織運営のあり方の両方について、その背後にある論理にまで踏み込んで考えます。ケース・スタディや現場調査、プレゼンテーションの方法などについても学修します。