News & Topics

News & Topics

理工学部 緑川博子助教が、情報処理学会 山下記念研究賞を受賞しました

2018年04月03日

教育・研究

理工学部 緑川博子助教が、情報処理学会 2017年度 山下記念研究賞を受賞しました。

山下記念研究賞は、昭和62年創設、情報処理学会の研究会およびシンポジウム発表論文の中から特に優秀な論文を選び、その発表者に授与されます。2016年度のハイパフォーマンスコンピューティング研究会全論文132件から2件が推薦され、このうちの1件として2017年山下記念研究賞に選定されました。

山下記念研究賞 受賞内容、推薦理由の詳細はこちら。(外部リンク)

表彰式は、2018年3月13日(火)情報処理学会全国大会(早稲田大学大久保キャンパス)において行われ、表彰状、メダル、賞金が贈られました。

学会名: 情報処理学会 研究発表日:2016年8月10日 研究発表場所:2016年並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ SWoPP2016、キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館) 受賞名: 情報処理学会 2017年度 山下記念研究賞 受賞者: 緑川博子 共著者: 緑川博子1、丹英之2 (1成蹊大、2アルファシステムズ(株)) 受賞論文名: Flashを用いたOut-of-coreステンシル計算のための最適ブロッキングパラメタ自動チューニングシステム(研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング、Vol.2016-HPC-155、No.36)