News & Topics

News & Topics

文学部 竹内敬子教授の担当する授業「人権とジェンダー」において、「デートDV出前講座」が行われました

2018年06月20日

教育・研究

文学部国際文化学科 竹内敬子教授の担当する授業「人権とジェンダー」(成蹊教養カリキュラム)にて、6月11日(月)、NPO法人レジリエンス副代表の西山さつき氏による「デートDV出前講座」(成蹊大学・武蔵野市企画運営委員会共催)が行われました。

デートDVとは、結婚していない若い恋人間で起きるDV(ドメスティックバイオレンス)のことです。聞きなれない言葉かもしれませんが、18~29歳の若者のうちデートDVで暴力にあっている人の数は3人に1人(平成25年東京都調査)と実はとても身近な問題です。暴力の種類や原因について学び、また、デートDVになり得る会話のロールプレイングも行いました。お互いが平等で対等であり、互いを尊重し合える関係を築くためにどう行動すればよいのか、学生たちは西山氏の話に聞き入っていました。

西山氏は、「恋人間のデートDVだけでなく、いじめやアルコールハラスメントなど様々な暴力があり、誰もが被害者にも加害者にもなる可能性はある。他人事だと思わないことが大切だ。」と話し、「何かあったら周囲の友人や専門の相談員に話してみてほしい。」とアドバイスしていました。
HPIMG_dateDV.jpgHPIMG_dateDV2.jpg