News & Topics

News & Topics

理工学研究科大学院生の後藤祐貴さんが「日本経営工学会2018年秋季大会」において日本経営工学会Best Presentation Awardを受賞しました

2018年12月18日

教育・研究

理工学研究科 システムデザインコース 経営工学研究室(篠田心治教授)の大学院生後藤祐貴さんが、「日本経営工学会2018年秋季大会」における研究発表に対して、Best Presentation Awardを受賞しました。
日本経営工学会2018年秋季大会では、学生、大学教授、企業関係者の口頭発表が約90件ありました。Best Presentation Awardは学生会員の応募者が対象となり、審査員が「構想力」「説明力」「表現力」「対応力」の項目を評価し、上位4名に贈られた賞です。
受賞内容は以下の通りです。

主催団体:公益社団法人日本経営工学会
学会名:日本経営工学会2018年秋季大会
開催日:2018年10月27日(土)~28日(日)
開催場所:東海大学 高輪キャンパス(日本・東京都)
受賞名: 日本経営工学会Best Presentation Award
受賞者:後藤祐貴(理工学研究科博士前期課程1年生)
共著者:市来嵜治(慶應義塾大学)、中嶋良介(電気通信大学)、篠田心治(成蹊大学)
受賞発表:分解に着目した3DCADデータから有効な組立順序を導出する方法の研究