News & Topics

News & Topics

ルーマニアのブラショフ市にある「日本武蔵野センター」の研修生との交流が行われました!

2019年09月03日

社会・地域連携

8月21日(水)~8月23日(金)の3日間、ルーマニアのブラショフ市にある「日本武蔵野センター」の研修生であるオティリア・イシュトックさん(以下、オティリアさん)とルーマニア交流事業の学生スタッフや成蹊小学校の児童との交流活動が行われました!学生スタッフが中心となって、ルーマニアからの研修生であるオティリアさんの希望を活かした交流プログラムを計画しました。
8月21日(水)は、学生スタッフの案内で浅草・お台場を散策しました。浅草では、雷門や浅草寺を訪れたり、おみくじを一緒に引いたりして交流を深めました。また、浅草から水上バスでお台場に移動し、日本のお化け屋敷を初めて体験しました。オティリアさんにとっては、初めて見るものや体験することがとても多く、始終目を輝かせていました。
8月22日(木)は、オティリアさんからのルーマニアについての文化や言語などについてのプレゼンテーションを行って頂いた後、一緒に昼食や水引の栞を作成して交流を深めました。オティリアさんのプレゼンテーションを通してルーマニアの食文化や言語などについて学ぶことができ、当日の昼食や水引の栞を一緒に作成し、交流を深めることができました。
最終日の8月23日(金)は、三鷹市のみたか井心亭にて茶道体験を行いました。講師の先生からお茶についての基本知識や作法を教わったうえで、実際にお茶を立てることができ、本格的な茶道体験の時間となりました。また、成蹊カルタを通してより一層交流を深め、すべての交流が終了する頃には児童ともすっかり打ち解けている様子でした。今回実施した3日間の交流活動は、研修生のオティリアさんやルーマニア交流事業の学生スタッフだけでなく、児童や教職員にとっても非常に有意義な時間となりました。

武蔵野市はルーマニアのホストタウンです。武蔵野市にキャンパスを構える成蹊大学も市と連携して様々な交流事業を行っていきます。