News & Topics

News & Topics

「大学の約束~"2030年"への共創カンファレンス2019 Part1~世界を舞台にしたChange Makerを育む教育~」に池上敦子 成蹊学園サステナビリティ教育研究センター所長、経済学部経済経営学科4年 小澤 和樹さんが登壇

2019年11月11日

お知らせ

11月7日(木)、品川THE GRAND HALLで開催された「大学の約束~"2030年"への共創カンファレンス2019 Part1~世界を舞台にしたChange Makerを育む教育~」(主催:日本経済新聞社、共催:リクルートマーケティングパートナーズ)に、本学から池上 敦子 成蹊学園サステナビリティ教育研究センター所長、経済学部経済経営学科4年 小澤 和樹さんが登壇しました。

午前の学生セッション「未来を創る人材は、今、何を学んでいるのか」に登壇した小澤さんは、3年時にMBT(丸の内ビジネス研修) に参加し、他学部の学生と協働しながら企業から課題に取り組んだ経験が自身の成長につながったと話しました。学生セッションには他の大学からも様々な経験・背景を持った学生が登壇し、各大学の教育の特色が見受けられました。

午後のセッション「SDGsと向き合うグローバル人材と教養教育」に登壇した池上所長は、成蹊学園とSDGsのつながりや成蹊学園で行われているESD活動を紹介。他の登壇者とのパネルディスカッションでは理工学部教授という教育者としての観点も交え、学生に「本物に触れる体験」をさせることの重要性を主張しました。
 
カンファレンス詳細については、採録記事が日本経済新聞に掲載される予定です。採録記事が掲載されましたら、このページ内でご紹介します。

なお、12月5日に開催予定の「大学の約束2019"2030年"への共創カンファレンスPart2~産学連携で取り組むSociety5.0を担う人材育成~」には、本学 北川 浩 学長が登壇予定です。詳細および参加申込みはこちら(申し込み締め切り:11月24日(日))