News & Topics

News & Topics

法学部 野口雅弘教授の翻訳書『フランクフルト学派のナチ・ドイツ秘密レポート』が出版されました

2019年12月16日

教育・研究

法学部政治学科 野口雅弘教授(専門分野:政治思想史) の翻訳書『フランクフルト学派のナチ・ドイツ秘密レポート』(R.ラウダーニ編) がみすず書房より出版されました。

本書は、CIAの前身組織であるOSS(戦略情報局)で、ドイツからの亡命知識人たちによって書かれた戦時レポートです。書き手は、ナチ研究の古典『ビヒモス』のフランツ・ノイマン 、『一次元的人間』のヘルベルト・マルクーゼ、そして包括政党(キャッチ・オール・パーティ)を造語したオットー・キルヒハイマーら。ナチの分析と体制崩壊後の民主化の構想が綴られています。

書籍の紹介はこちらからご覧いただけます。(外部リンク・みすず書房)