News & Topics

News & Topics

教育改革・改善プロジェクト(テーマ:「授業改善の成果をどう示すか?」)が2019 International Learning Assistant Conference参加報告会を開催しました

2020年01月24日

お知らせ

本学の教育改革・改善の一つとして、2018年度より成蹊大学公認学習補助員「QLA(Qualified Learning Assistant)」の活用方法や授業改善の成果の可視化について、プロジェクトを発足し検討してきました。

1月16日(木)、本学にて2019 International Learning Assistant Conference参加報告会を開催し、プロジェクトメンバーの経済学部 井上 智夫 教授と同学部 鈴木 史馬 教授が、現地アメリカでの「LA(Learning Assistant)の活用事例」や「LAの有効性」等について発表しました。
報告会では、教職員・学生による活発な意見交換がなされ、本学のQLA制度のあり方、QLAの活用方法や課題について考える有意義な場となりました。