学科・大学院

情報科学科
研究室リスト

メディア技術分野

映像情報研究室

杉山 賢二

高品質映像システムの研究開発

映像情報研究室

杉山 賢二 教授

研究分野

  • 画像処理
  • 画像符号化
  • 画質評価
プロフィール

研究室紹介

YouTubeやインスタグラムなどを挙げるまでもなく、だれもが気軽に撮影を行うようになりました。また、ネットでもテレビでも、溢れるほど多くの映像が提供されています。これらを実現するための映像情報技術は、まさに現代の社会基盤と言えるでしょう。当研究室では、このような映像情報をより進化発展させるため、カメラ、伝送・記録、ディスプレイ、コンピュータグラフィックスなど、広範囲な技術分野を対象として研究を行っています。そこでは、臨場感や主観画質など人間中心の映像情報の在り方を考えながら、信号処理、情報理論、視覚心理を基礎としたコンピュータによる画像処理実験を行い、新しい映像情報処理アーキテクチャを探求しています。

閉じる

イメージメディア研究室

小池 淳

画像による豊かで
うるおいのある社会実現を目指して

イメージメディア研究室

小池 淳 教授

研究分野

  • メディア処理
  • コンテンツメディア
  • 微分幾何学
プロフィール

研究室紹介

知識基盤社会は、 "情報・知識"が"もの"に代って社会のあらゆる活動の基盤となる社会です。現在、超高速ネットやスマートフォンなどの急速な普及に伴ってビジュアル系コンテンツメディアが大量に社会に溢れています。イメージメディア研究室では、人々が豊かで潤いのある安全かつ安心して生活できる持続可能な社会実現をこれらのメディアデータ処理の観点から取り組んでいます。具体的には、以下の視点から研究活動を進めております。(1)ビジョン:ニューラルネットを利用したクラス分類や画像特徴量ベースの解析、(2)臨場感映像処理:CAVE(3次元立体映像システム)やHMDなどを用いたAR・VR、(3)任意視点・高精細映像の処理・伝送:ライトフィールドカメラ画像の信号処理、4k・8k映像処理、(4)基礎的なディジタル信号解析:Wavelet変換を用いた時空間信号処理、微分幾何学など数学ベースの信号解析

閉じる

知的インタフェース研究室

中野 有紀子

人とコンピュータとの
自然なコミュニケーションを目指して

知的インタフェース研究室

中野 有紀子 教授

研究分野

  • 人工知能
  • 会話エージェント
  • コミュニケーションセンシング
プロフィール

研究室紹介

対面コミュニケーションでは、言葉だけでなく、音声の韻律、表情、視線、ジェスチャ等の非言語情報が会話参加者間で互いにやり取りされます。意味を伝えるのは主に言語情報ですが、非言語情報はそれを円滑、かつ正確に伝える重要な役割を持ちます。このような、会話中の言語・非言語情報を解釈する人間の社会的知性の計算モデルを構築し、それを実現する人工知能の研究を行っています。これまでに、会話中の行動データを計測し、それを機械学習に適用することにより、会話への参加態度や会話スキル、重要発言を推定する技術を開発しました。さらに、これらの社会的知性の計算モデルを搭載し、言語と非言語情報を解釈・表出しながら人と会話ができるロボットやアニメーションエージェントの開発にも取り組んでいます。これらの技術開発を通して、人に寄り添い、人の手助けとなる人工知能を実現したいと考えています。

閉じる

言語情報研究室

酒井 浩之

膨大なテキストデータからの
情報抽出技術の開発

言語情報研究室

酒井 浩之 准教授

研究分野

  • テキストマイニング
  • 自然言語処理
  • 情報検索
プロフィール

研究室紹介

インターネットの発展により、膨大なテキストデータにアクセスし、収集できるようになりました。しかし、データだけでは有効に活用することはできず、膨大なデータから有用な情報を抽出する技術が注目されています。本研究室では、Web上に溢れている大量のテキストデータを活用するための技術として、自然言語処理をもとに、テキストマイニング、Webマイニング、テキスト自動要約、情報検索などの研究に取り組んでいます。特に、決算短信や有価証券報告書といった金融テキスト、企業Webページや大学Webページ等のWebページを対象としたテキストマイニングの研究、開発を行っており、開発した技術を応用して、決算短信検索システムや企業検索システム、研究室検索システムといった検索システムを、研究室Webサイト( http://www.ci.seikei.ac.jp/sakai/ )にて公開しています。

閉じる

音声情報研究室

世木 寛之

人にわかりやすい
情報提示の実現を目指して

音声情報研究室

世木 寛之 教授

研究分野

  • 音声信号処理
  • 音楽情報処理
  • パターン認識
プロフィール

研究室紹介

近年、メールやラインなどの言語情報によるコミュニケーションが盛んですが、音声は、言語情報だけでなく感情などの非言語情報を包含していたり、短時間で多くの情報を伝えられたりといった大きな利点があります。
本研究室では、音声のこのような性質を利用し、人にわかりやすい情報提示や使いやすい情報受容を実現することを目的として、音声合成(文字を音声に変換する技術)や、音声認識(音声を文字に変換する技術)などの音声処理技術の研究に取り組んでいます。また、音楽情報処理やパターン認識の研究も進めています。

閉じる

関連リンク