Menu

成蹊を知る

入試センターレポート

成蹊大学の「学び」について

2019年07月10日

学生の声

みなさんこんにちは!経済学部経済経営学科2年の中嶋です。

今回のテーマは「学び」についてです。今回の記事は今年新しくメンバーに加わったサポートスタッフも一緒に書きました!

まずは大学の英語の授業の特徴について紹介します。みなさんの中には"グローバリゼーション"という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。国境を越えて人々の活動が活発になり、日本でも様々な国の方を見かけることが多くなりました。そのような社会にも対応できるように、成蹊大学では学生のレベルに合わせたクラスで授業を行っており、英語での発表などを通して"実用的な"英語力を身に付けることができます。

次にゼミについてです。成蹊大学のゼミでは専門的な授業を10人~15人の少人数で集中して受けることができます。少人数制の授業のため、教授との距離も近く気軽に質問ができます。ゼミと高校の授業との違いはやはりプレゼンテーションが多いことです。反省点を次に活かしながらプレゼンの回数を重ねることで、人の良いところを取り入れられたり、できることが増えていきます。力がついている実感を得ることができ、受けていて楽しいです。私の好きな授業の1つです。

最後に年齢を問わない授業についてです。授業の中には多数の社会人の方がいらっしゃる場合があります。聴講生の方々です。私が受けている授業の1つは、座席をくじ引きで決める制度にしているため、毎回違う方と隣になります。この制度は自己の見識を広げるとともに、コミュニケーション能力の向上も目的としたものです。私が以前、80代の聴講生の方とペアになったときは、戦争を経験した方の貴重なお話をたくさん聞くことができました。このように大学では年齢を問わない授業を受けることもできます。

経済学部・経営学部は
2020年4月開設です。

経済学部・経営学部において大学入試センター試験を利用した入試を実施できない場合の試験方法については、入学試験要項及び大学ホームページでお知らせします。

入試に関するお問い合わせ

成蹊大学入試センター

TEL:0422-37-3533

平日 9:00 - 17:00 土曜日 9:00 - 12:00
(学園休業日を除く)

FAX:0422-37-3864

Email:nyushi@jim.seikei.ac.jp

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1