成蹊大学 ≫ 高等教育開発・支援センター
成蹊大学高等教育開発・支援報センター
トップページ ≫ 大学教室の視聴覚設備更新について 〜いまどき設備のご紹介〜

大学教室の視聴覚設備更新について 〜いまどき設備のご紹介〜

2023年度より、大学教室の視聴覚設備(AV設備)を更新いたします。
このページでは、新しい教室の設備に関する情報を順次、発信してまいります。

本事業のコンセプト
工期
対象教室及び会議室
新たに導入する設備について
デモ教室のご案内
本件に寄せられたご質問と回答

 

事業のコンセプト

 本学では2012年度以後、教室棟毎に視聴覚設備を整備し、2016年度に一巡目を終え、多くの授業で活用してまいりました。2022年度には何れの教室の設備もメーカー保証期間を超過し故障率が高い状態となっているだけでなく、教室毎に異なる操作手順による授業準備の非効率化も課題であると認識しています。
また一方で、小・中学高等学校の学習指導要領の改訂、パソコンの必携化、新型コロナウィルス感染拡大による遠隔授業の普及など、ここ数年で大学を取り巻くICT教育環境が大きく変化しています。
本学では、これらの課題や環境の変化を好機と捉え、2023年度初頭の利用開始に向け、本年度末に大学のすべての教室の視聴覚設備を更新することといたしました。
新しい設備では、環境の変化に柔軟に対応し、利用者に広く活用される設備を目指して検討を重ね『いまどき』をコンセプトといたしました。
 
 『いまどき』設備では「つでも遠隔授業に対応できること」「ルチデバイスからの操作を可能とすること」「ケーブルの長さにとらわれず、教室内のこからでも投影できること」「教職員専用の操作ーを使うことなく、操作を可能とすること」を実現します。
これにより、これまで機器の配線の都合により、教卓付近に限定されていた授業担当者の立ち位置も学生端末からの投影も自由自在となり、動きのある、アクティブな授業の実施が可能となります。また、すべての教室の操作手順が統一されることにより、授業準備にかかる時間の短縮、手間の軽減を図り、その時間を学生対応にあてることができるようになると期待しています。
さらに、操作キーが不要となることにより、学生にも設備を開放することを検討しています。授業のない空き教室が、発表練習やグループワーク等の自発的な学修の場として活用されることを期待しています。

 

2023年2月15日(水)~2023年3月31日(金)(予定)
※この間、一部大学公式行事による利用を除き、対象の教室はご使用いただけなくなります。ご了承ください。

 


象教室及び会議室

以下の120教室及び3会議室を対象としています。
a)3、4、5、6、7、8、9号館の全教室及び14号館PC教室AB  
b)6号館6階会議室 
c)1号館211、212教室及び2号館の全教室

 

 

たに導入する設備について

 更新内容を動画(3分)にまとめていますので、よろしければご覧ください。







 1)更新および新規導入する機器、システム

   教卓PC、中間モニター(PC教室)、CALLシステムは既存継続利用となります。
 
   a) 音響機器(マイク、スピーカー、その他AV機器)
   b) 映像投影機(プロジェクター)
   c) スクリーン (一部既存利用あり)
   d) 無線映像投影機器およびシステム(全教室、6号館6階会議室)
    ・Miracast 対応ワイヤレスディスプレイアダプター
    ・AppleTV

  ※

Windows製品はMiracast機能、Apple製品はAppleTVにより、無線での映像投影が可能となります。ケーブル接続用のHDMI接続口、ケーブルも保持します。
  ※
 
1号館211、212教室及び2号館の全教室は、上記a~cの機器は既存利用となりますが、転送装置(wivia)に替わり、AppleTV、Miracast無線投影対応機器を増設します。
  
   e) AV設備操作システム Aviot


無線LAN(Seikei Wi-Fi)に接続した利用者の端末(スマートフォン、タブレット、PCなど)から教室備付のQRコードを読み込み、表示されたAviot操作画面からシステム起動~映像選択~終了、スクリーン昇降、音声調節等の操作を行います。

2)遠隔授業(会議)への対応

   a) ハイブリッド型遠隔授業(会議)対応   (1、2号館除く全教室)
    ワイヤレスマイクの音声をPCに直接取り込めるよう、配線します。
   ・ Zoom等のWeb会議システムを通じて、遠隔(オンライン)参加者へクリアなマイク音声を配信できます。
   ・ 遠隔(オンライン)参加者の発言が教室のスピーカーから拡声されます。
    (対面参加者と双方向のコミュニケーションが可能となります)
 
   b)授業収録設備の拡充
   3号館101、102、4号館、8号館101、6号館301、401、501教室に、
   自動追尾型ネットワークカメラ、ポータブル型合成収録ライブエンコーダ(BeeTouch)を導入します。
   ・講師や板書の画像を、資料と組み合わせることができます。
   ・ワンタッチでの授業収録が可能となります。
   ・収録した映像は数秒でUSBメモリに保存され、すぐにお持ち帰りいただけます。
   ・収録映像はMP4形式で出力されますので、そのまま共有していただけます。
   ・自動追尾型カメラのため、複雑な操作も不要です。
  
   ※現9-101,102教室にも自動追尾型カメラと、同ポータブル型合成収録ライブエンコーダ(BeeTouch)を設置しています。
  
 

3)グループワーク用のホワイトボードの増設

 2号館402、403、408、410教室、6号館502教室の壁面ホワイトボードを増設します。グループワークやディスカッションでご活用ください。
 

4)貸出機器

 a) ワイヤレスピンマイクの半期貸出し
   ワイヤレスピンマイク(充電器セット)を半期ごとにお貸出しいたします。
  ※現時点では、専任教員の皆さまを対象として30台をご用意します。状況に応じて検討してまいります。
 b) 操作用端末の貸出し
       PCやスマートフォン等の端末をお持ちでない方、お忘れになられた方のためのAV機器操作用端末をお貸出しします。
 c) Blu-rayプレーヤー
  ポータブル型のBlu-rayプレーヤーをお貸出しします。(教室常設はなくなります)
 d) OHC
      ポータブル型のOHCをお貸出しします。(教室常設はなくなります)

 

 

モ教室のご案内

新しい設備の操作性をご体感いただけるよう、デモ教室をご用意いたします。  
お手持ちの端末を用いて無線映像投影の操作をお試しいただく形となります。
感染予防対策のため事前のご予約をお願いいたします。
いずれの日時とも、教育開発・支援課の担当者が常駐いたしますので、ご質問等、お気軽にお声掛けください。

1)会場   
  9号館403教室  

2)日時   
  日にち:2022年9月20日(火)~10月7日(金)※土日祝除く
  時 間:10時~11時と15時~16時
  ※10月3日(月)~10月7日(金)につきましては、12時30分~13時00分の枠を追加しました
    ※10月17日(月)、18日(火)、19日(水)、12時30分~13時00分の枠を追加しました

3)ご来室時のお願い   
  新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、ご体調が優れない方は、別日にご来室いただく等
  ご調整をお願いいたします。また、ご来室の際は、マスクの着用、手指消毒等の感染症対策へ
  のご協力をお願いいたします。

4)予約入力フォームはこちら



ポスターからご案内動画を
ご視聴いただけます。



件に寄せられたご質問と回答


順次、更新してまいります。