成蹊大学 ≫ 高等教育開発・支援センター
成蹊大学高等教育開発・支援センター
トップページ ≫ 利用案内 ≫ アプリケーション配信システム「Cloudpaging」の利用について

アプリケーション配信システム「Cloudpaging」の利用について


アプリケーション配信システム「Cloudpaging」により、学外及び学内無線LAN(Seikei-WiFi)経由において、個人所有のPCから以下のソフトウェアを利用することができます。(WindowsのPC限定です。MACなどその他のOSでは利用できません。)

※SPSSは学内無線LAN(Seikei-WiFi)経由からのみ利用が可能です。学外からの利用はできません。


アプリケーション配信システム「Cloudpaging」の利用時の作業手順について

「Cloudpaging」利用時の作業手順



「Cloudpaging」でソフトウェアを利用する際の注意点

「Cloudpaging」で「MobaXterm」を利用する際の注意点
「Cloudpaging」で「R」「Rstudio」を利用する際の注意点
「Cloudpaging」で「Anaconda & Python」を利用する際の注意点

注意!
SPSSは有償ライセンスにつき、大学の保有するライセンス数に上限があります。
Cloudpagingを利用してSPSSを起動した場合は、終了時に必ずログアウトを行ってください。
ログアウトをしないと、学内無線LAN(Seikei-WiFi)環境下の範囲外に移動してもライセンスを保有したままとなり、授業利用に支障をきたす可能性があります。