伝統を体感する史料館、誕生。

1988年に開館した成蹊学園史料館が、2015年12月、
まったく新しく生まれ変わりました。
100年を超えた成蹊の歩み、独自の教育理念と実践の様子を、より広く、
より分かりやすくお伝えするために、映像・画像を豊富に取り入れ、
展示にも様々な工夫を凝らしています。
創立者・中村春二の思い、長い歴史の中で変わったもの、変わらないもの。
明るく開放的な空間で、成蹊の伝統に楽しみながら触れてください。

成蹊学園史料館バーチャルツアー

史料館の館内を動画で見ることができます。リニューアルした室内空間をお楽しみください。

館内のご案内 / リニューアルした館内をご紹介します。

ガイダンスルーム

ガイダンスルーム室内01
ガイダンスルーム室内02

成蹊学園は創立者・中村春二の理念を揺るぎない礎としています。中村が教育の道に進んだ理由、理想とした教育は何であったのでしょうか。成蹊教育の原点とその後の学園の発展を約15分の映像で紹介します。120インチの大きな画面でお楽しみください。

成蹊学園史料館 ガイダンスルーム

中村春二記念室

中村春二記念室 室内
中村春二記念室 室内

中村春二の家系や生い立ち、家族、交友関係、趣味を通じて46年の生涯を紹介します。遺品や著作、直筆の書画や書簡、さらには映像で人間中村春二の魅力に迫ります。映像は中村春二の5つのエピソードから自由に選んでご覧いただけます。

展示内容

  • 中村春二の系譜
  • 中村春二の生い立ち
  • 中村春二を支えた家族
  • 2人の親友、今村繁三と岩崎小弥太
  • 中村春二の著作や遺品
  • 桃李の人 中村春二       など
成蹊学園史料館 中村春二記念室

学園史展示室Ⅰ

学園史展示室Ⅰ 室内
学園史展示室Ⅰ 室内

学園の前身である「成蹊園」の開塾から池袋に校地があった時代までを紹介。関連史料や写真、さらには当時の校舎を再現したジオラマ等によって、成蹊の歴史の源流を探ります。

展示内容

  • 1906-1921 成蹊教育の芽生え
    • ― 成蹊園の開塾
    • ― 成蹊実務学校の創立
    • ― 成蹊中学校の開校
    • ― 成蹊小学校の開校
    • ― 成蹊女学校の開校
    • ― 成蹊実業専門学校の開校
  • 1922-1924 成蹊教育の新たな展開
    • ― 五学校体制の改変
    • ― 中村春二の逝去
  • 大正自由教育運動と成蹊教育
  • 成蹊学園出版部(刊行物)       など
成蹊学園史料館 学園史展示室Ⅰ

学園史展示室Ⅱ

学園史展示室Ⅱ 室内
学園史展示室Ⅱ 室内

吉祥寺へ校地移転してからの歴史を紹介。新校舎(現本館)竣工の様子、戦後の学制改革により総合学園へと発展してきた歩み等を、多彩な史料を用い分かりやすく展示しています。

展示内容

  • 1924-1945 吉祥寺への移転と戦時期の学園
    • ― 七年制成蹊高等学校の開校
    • ― 小学校教育の展開
    • ― 戦時下の学園
  • 1945- 戦後復興から総合学園へ
    • ― 戦後の復興
    • ― 成蹊小学校の新たな出発
    • ― 新制成蹊中学・高等学校
    • ― 新制成蹊大学
    • ― 成蹊学園 創立100周年        など
成蹊学園史料館 学園史展示室Ⅱ

学園教育展示室

学園教育展示室 室内
学園教育展示室 室内
学園教育展示室 室内

成蹊教育の源流というべき中村春二が実践した独創的な教育手法と理念を多角的に紹介します。さらに、中村春二の肉声が流れる心力歌・凝念の体験コーナーも設置しています。

展示内容

  • 中村春二の教育実践
    • ― 夏の学校
    • ― 作業指導(園芸・工作・勤労)
    • ― 鍛練的な教育
    • ― 凝念・心力歌(体験コーナー)
    • ― かながき・五行詩
    • ― 国際理解教育
    • ― 作文指導・日記
  • 創立者 中村春二の教育思想
  • 成蹊教育を支えた教育者たち - 池袋時代を中心に -
  • 成蹊教育の検証
成蹊学園史料館 学園教育展示室

集いと交流

情報発信コーナー
  • 図書閲覧コーナー
  • 記念グッズコーナー
  • 休憩スペース
  • 欅ラウンジ※

成蹊の「今」を発信する情報コーナーでは、在校生やご家族、卒業生、受験生など多くの方に、学園・各学校の取り組みや、児童・生徒・学生の様子など最新の情報をお伝えします。また、図書閲覧コーナーや休憩スペース、記念グッズコーナー等もございます。

エントランスまでのアプローチには、桃と李(すもも)の木、そして蹊(こみち)を配し、「成蹊」の名に込めた創立者の思いを目に見える形で表現しています。また、バリアフリーの強化を進め、新たに自動ドアとエレベーターを設置、どなたでも利用しやすい環境を整えています。

※ 欅ラウンジのご利用についてはお問い合わせください。