アジア太平洋研究センターとは?

アジア太平洋研究センター(CAPS)は、成蹊大学唯一の常設研究機関として1981年に創設されました。紀要論文の公募、公開研究会の開催など、積極的な活動を行っております。

  • 最新情報
  • お知らせ
2014.10.15
CAPSニューズレター最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2014.5.15
アジア太平洋研究センター研究叢書
『難民・強制移動研究のフロンティア』(編著:墓田 桂准教授・杉木 明子・池田 丈佑・小澤 藍)
『日本表象の地政学 −海洋・原爆・冷戦・ポップカルチャー−』(編著:遠藤 不比人教授)
『分散システム:P2Pモデル』(共著:滝沢 誠・榎田 智也)
が刊行されました。 詳細はこちらからご覧ください。
2014.3.31
センター紀要ジャーナル最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2014.4.1
2014年度構成メンバー 研究員紹介プロジェクト紹介の各ページ を更新しました。
2014.3.13
センター紀要ジャーナル最新号38号が 「成蹊大学学術情報リポジトリ」に登録されました。 また、センター紀要ジャーナルは、36号より現在最新号の38号まで閲覧可能です。
(個別の論文で閲覧いただけます。)
2014.2.3
センター紀要ジャーナル最新号が発行されました。 こちらをご覧ください。

2013.12.20
アジア太平洋研究センター研究叢書『カントからヘルダーリンへ −ドイツ近代思想の輝きと翳り−』(著:瀬戸一夫教授)が刊行されました。 詳細はこちらからご覧ください。
2013.9.25
成蹊学園創立100周年 成蹊大学アジア太平洋研究センター設立30周年 記念研究叢書『デモクラシーとコミュニティ −東北アジアの未来を考える』 (編著:中神康博アジア太平洋研究センター所長、愛甲雄一アジア太平洋研究センター主任研究員)が刊行されました。 詳細はこちらからご覧ください。
2013.6.5
公開シンポジウム(シベリア抑留)は6月1日に開催されました。多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。
2013.5.31
公開シンポジウム(シベリア抑留)の当日プログラムをアップしました。こちらをご覧ください。
2013.5.22
アジア太平洋研究センター研究叢書『アメリカン・ヴァイオレンス −見える暴力・見えない暴力−』(編著:権田建二文学部准教授、下河辺美知子文学部教授)が刊行されました。 詳細はこちらからご覧ください。
2013.5.17
公開シンポジウム(シベリア抑留)のポスターとチラシをアップしました。こちらをご覧ください。
2013.5.17
シベリア抑留関係 参考資料のページを開設しました。
2013.5.7
公開シンポジウムのページを更新し、5月29日(水)開催の学術討論会の概要を公開しました。(※この討論会は、研究者対象の会議です。)
2013.5.2
国際シンポジウムを開催します。2013年6月1日(土)に国際交流基金の助成を得てシベリア抑留問題の公開シンポジウムを開催します。詳細は公開シンポジウムのページでご紹介していきます。
2013.3.29
CAPS資料室紹介のページの「新着情報」を更新しました。こちらをご覧ください。
2013.3.22
アジア太平洋研究センター研究叢書『グローバル化の中のポストコロニアリズム −環太平洋諸国の英語文学と日本語文学の可能性ー』(編著:大熊昭信文学部特別任用教授、庄司宏子文学部教授)が刊行されました。 詳細はこちらからご覧ください。

2014.10.08
2014年度アジア太平洋研究センター主催による講演会等を開催します。
詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2014.9.12
2014年度アジア太平洋研究センター主催による特別講演会を開催します。
詳細はこちらでご紹介しています。
※事前申し込みが必要になります。
※参加費は不要です。
2014.7.17
2014年度アジア太平洋研究センター主催による特別セミナーを開催致します。
テーマは「アジア系アメリカ人をめぐる教育言説:『タイガー・マザー』を中心に 」です。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2014.7.15
CAPSニューズレター最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2014.7.3
2014年度アジア太平洋研究センター主催による連続ドキュメンタリー映画上映会を行います。
第2回目は「長江にいきる 秉愛(ビンアイ)の物語」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2014.7.10
2014年度アジア太平洋研究センター主催によるセミクローズドワークショップを開催します。
詳細はこちらでご紹介しています。
※事前申し込みが必要になります。
※参加費は不要ですが、移動費(ギャラリーブロッケン→成蹊学園まで)は各自ご負担いただきます。
2014.6.16
2014年度アジア太平洋研究センター主催による連続ドキュメンタリー映画上映会を行います。
第1回目は「自由と壁とヒップホップ〜SLINGSHOT HIP HOP〜」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2014.5.12
2014年度アジア太平洋研究センター主催による公開講演会を行います。
第1回目講演題目は「3・11から未来を創造する−文明の転換期にある日本と世界」です。講師は池内 了氏(宇宙物理学者・名古屋大学名誉教授)です。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2014.4.15
CAPSニューズレター最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2014.1.15
CAPSニューズレター最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2013.12.17
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続講演会「再考・アジアの戦争―私たちは何を学ぶべきか」(全5回予定)を行います。
第5回目講演題目は「朝鮮停戦協定とその後−東アジアへの影響を考える」です。講師は高 一氏です。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.12.12
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第5回目は「別離」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.10.29
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続講演会「再考・アジアの戦争―私たちは何を学ぶべきか」(全5回予定)を行います。
第4回目講演題目は「南部フィリピン紛争―民族・宗教間の対立と共存」です。講師は川島 緑氏です。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.11.6
2013年度アジア太平洋研究センター主催による拡大研究会を開催致します。
テーマは「国は許すことができるか? 日本・韓国・中国の過去の記憶と未来の挑戦〜Can Nations Forgive? Japan, Korea, and China Remember the Past and Face the Future〜 」です。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.10.7
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続講演会「再考・アジアの戦争―私たちは何を学ぶべきか」(全5回予定)を行います。
第3回目講演題目は「カシュミール紛争を考える―領土と国民主権のあいだ」です。講師は井上 あえか氏です。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.8.16
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第4回目は「放射線を浴びた X年後」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。【定員400名】
2013.9.20
2013年度アジア太平洋研究センター主催による拡大研究会を開催致します。
テーマは「Rethinking Networks and Their Role in The Age of Regional Integration〜地域統合の時代におけるネットワークの役割〜 」です。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.7.5
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第3回目は「私はシベリヤの捕虜だった」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.6.18
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続講演会「再考・アジアの戦争―私たちは何を学ぶべきか」(全5回予定)を行います。
第2回目講演題目は「ベトナム戦争と日本―アメリカ・沖縄・韓国」です。講師は遠藤 聡氏です。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.5.29
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第2回目は「ムサン日記〜白い犬」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.5.17
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続講演会「再考・アジアの戦争―私たちは何を学ぶべきか」(全5回予定)を行います。
第1回目講演題目は「現代における戦争とは何か―アジアの平和を考えるために」です。講師は本センター主任研究員 愛甲雄一です。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.5.17
公開シンポジウム(シベリア抑留)のポスターとチラシをアップしました。こちらをご覧ください。
2013.5.17
シベリア抑留関係 参考資料のページを開設しました。
2013.5.7
公開シンポジウムのページを更新し、5月29日(水)開催の学術討論会の概要を公開しました。(※この討論会は、研究者対象の会議です。)
2013.5.2
国際シンポジウムを開催します。2013年6月1日(土)に国際交流基金の助成を得てシベリア抑留問題の公開シンポジウムを開催します。詳細は公開シンポジウムのページでご紹介していきます。
2013.5.1
2013年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第1回目は「オレンジと太陽」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2013.4.15
CAPSニューズレター最新号が発行されました。こちらをご覧ください。

2013.4.2
センター紀要ジャーナル37号特集論文「グローバル化時代の人の移動とアイデンティティ―若年層に着目して」が日本国際文化学会年報2013 『インターカルチュラル11』 に転載されました。

2013.4.1
2013年度構成メンバー 研究員紹介プロジェクト紹介の各ページ を更新しました。
2013.3.22
アジア太平洋研究センター研究叢書『グローバル化の中のポストコロニアリズム −環太平洋諸国の英語文学と日本語文学の可能性ー』(編著:大熊昭信文学部特別任用教授、庄司宏子文学部教授)が刊行されました。 詳細はこちらからご覧ください。
2013.3.22
センター紀要ジャーナルが36号より「成蹊大学学術情報リポジトリ」 に登録され、現在最新号の37号まで閲覧可能です。 (個別の論文で閲覧いただけます。)

また、センターホームページでもPDFファイルを閲覧可能です。
こちら36号37号(最新号)をご覧ください。
2013.2.4
センター紀要ジャーナル最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2013.2.4
CAPSニューズレター最新号が発行されました。こちらをご覧ください。
2012.12.4
2012年度アジア太平洋研究センター企画の連続講演会
「統合と分裂の力学から見るアメリカ――過去・現在・未来」(全5回)
の第5回目として、 ニューヨーク州立大学バッファロー校名誉准教授・成蹊大学アジア太平洋研究センター客員研究員・野崎 与志子 氏による講演会を行います。
詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。

2012.11.9
2012年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第5回目は「誰も知らない基地のこと」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2012.11.26
2012年度アジア太平洋研究センター企画の連続講演会
「統合と分裂の力学から見るアメリカ――過去・現在・未来」(全5回予定)
の第4回目として、 東京大学大学院教授・久保 文明 氏による講演会を行います。
詳細はこちらでご紹介しています。(チラシを更新しました)
※参加費・事前申し込みは不要です。
2012.10.19
2012年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第4回目は「明りを灯す人」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2012.7.24
2012年度アジア太平洋研究センター企画の連続講演会「統合と分裂の力学から見るアメリカ――過去・現在・未来」(全5回予定)の第3回目として、 明治大学教授・石山 徳子 氏による講演会を行います。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2012.7.24
2012年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第3回目は「ペルシャ猫を誰も知らない」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。

2012.7.25
成蹊大学アジア太平洋研究センター共同研究プロジェクト「多元的世界の構築とアイデンティティの創生
――アジア・中国の磁場から」主催の国際シンポジウムを開催します。 詳細はこちらのチラシをごらんください。
2012.6.20
2012年度アジア太平洋研究センター企画の連続講演会「統合と分裂の力学から見るアメリカ――過去・現在・未来」(全5回予定)の第2回目として、 北海道大学准教授・村田 勝幸 氏による講演会を行います。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2012.6.8
2012年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第2回目は「地球にやさしい生活」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。
2012.5.22
2012年度アジア太平洋研究センター企画の連続講演会「統合と分裂の力学から見るアメリカ――過去・現在・未来」(全5回予定)の第1回目として、 東京女子大学教授・油井 大三郎 氏による講演会を行います。 詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。

2012.5.30
成蹊大学法学会主催・センター協賛の講演会「いま、東アジアを考える−日中韓協力のあり方」を開催します。 詳細はこちらのチラシをごらんください。
2012.5.22
2012年度アジア太平洋研究センター主催による連続映画鑑賞会「映画を通じて知るアジア太平洋の世界」(全5回予定)を行います。
第1回目は「ブンミおじさんの森」を上映します。詳細はこちらでご紹介しています。
※参加費・事前申し込みは不要です。

2012.5.28
成蹊大学文学部国際文化学科主催・東京フィリピン研究会後援・センター協賛の国際交流セミナー「フィリピン人ケア・ワーカーの移民史−日本の現状をアメリカの経験と共に考える」を開催します。 詳細はこちらのチラシをごらんください。

2012.4.2
12年度構成メンバー 研究員紹介プロジェクト紹介の各ページ を更新しました。
2012.4.10
【緊急のお知らせ】サスキア・サッセン氏講演会中止のお知らせ

 下記日程にてコロンビア大学教授のサスキア・サッセン氏の講演会を予定しておりましたが、
講演者の一身上の都合により中止となりました。

ご参加を予定して下さいました皆様には大変恐縮に存じますが、宜しく御理解下さいますよう
お願い申し上げます。

日時:平成24年5月27日(日) 13:00〜
場所:成蹊大学 4号館ホール
講師:サスキア・サッセン 氏 (コロンビア大学教授)
演題:「グローバル時代における領土・権威・諸権利」
    Territory, Authority and Rights in a Global Age


 

成蹊大学アジア太平洋研究センター

Center for Asian and Pacific Studies, Seikei University

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1

TEL:0422(37)3549 FAX:0422(37)3866

caps@jim.seikei.ac.jp