利用案内

HOME > 利用案内 > 施設・機器の利用

施設・機器の利用

クリスタルキャレル(個室閲覧室)

利用の際には、許可票自動発行機で手続きをしてください。(図書館利用カードがないと発行できません)

  • キャレル内に設置されているPCをご利用になるには、利用者IDとパスワードが必要になります。
  • オンデマンドプリンタは、各書架フロア、1F・2Fアトリウムに設置しています。
  • ページトップに戻る

    プラネット(グループ閲覧室)

    本学図書館には5基(定員16名:3基 定員24名:2基)のプラネットがあります。予約が入っていないプラネットは、本学の正規学生・教職員は自由にご利用いただけます。ただし、予約が入っている時刻になりましたら、速やかに退出をお願いします。

    禁止行為

    • 恒常的な教室としての利用、長時間の離席や休憩、飲食など
    • 学習目的以外での利用(部活・サークルでの打ち合わせなど)
    • 大きな声での会話・拍手・携帯電話の利用など

    予約

    A.本学大学教員(非常勤講師を含む)

    利用時間:9:00~18:10(各授業時限単位の利用)
    受付期間:1ヶ月前~1週間前まで
    受付場所:4階南カウンター(平日10:00~17:00)  0422-37-3858

    B.本学正規学生(授業・ゼミ担当教員の印が押された申請書が必要です)

    利用目的:3名以上でのグループ学習
    利用時間:9:00~18:10(各授業時限単位の利用)
    受付期間:6日前~2日前まで
    受付場所:4階南カウンター(平日10:00~17:00)

    階数 正式名称 愛称名 コンセプト・着眼点
    3F P301 Themis(テミス) 掟、あるいは正義を司る神
    4F P401 Hermes(ヘルメス) 商業の神、豊穣多産の神
    4F P402 Metis(メティス) 思慮、助言を与える神
    5F P501 Prometheus(プロメテウス) 人に火を運び、技を教えた神
    5F P502 Kalliope(カリオペ) 文芸と音楽の神
    ページトップに戻る

    メディアルーム

    視聴覚資料を利用できる個人ブースです。視聴したいメディアのケースを持って、4F北カウンターにお申込みください。利用には図書館利用カードが必要です。

  • 利用時間:3時間(利用申請の受付は、閉館1時間前までになります)
  • 視聴覚資料の館外貸出を行っております。手続きは4F北カウンターで受け付けます。(館内利用のみの資料もあります)返却の際には必ず4F北カウンターの職員に手渡してください。
  • ページトップに戻る
     

    貴重書庫・貴重書室

    学内の方

    各カウンターにご相談ください。当日の閲覧、土日・祝日の閲覧はできません。


    学外の方

    大学図書館、または公共図書館を通して申し込みをしてください。当日の閲覧、土日・祝日の閲覧はできません。
    大学図書館職員:0422-37-3545  公共図書館員:0422-37-3857

    ページトップに戻る

    PCの利用

    2Fカウンターにて、ノートPCの貸出サービスを行っています。(館内利用のみ) 利用には図書館利用カードが必要です。


  • 利用資格:本学学部生、大学院生 ※罰則中、延滞中の方はご利用できません。
  • 利用時間:3時間(利用時間の延長は行っていません)
  • 学内ではCC-WIFIまたはFreeSpotがご利用いただけます。 ※学外の方はFreeSpotのみご利用いただけます。

  • PC周辺機器の貸出について(館内利用のみ)

    ●ヘッドホン:4F北カウンター   ●延長コード:4F南カウンター

    ページトップに戻る

    コピー機の利用

    1F:4台(うち1台は上向きコピー機)  2F:2台  4F南:1台  4F北:1台

    著作権法を守りましょう!  【図書館資料と著作権法について】

    図書館所蔵の資料は、著作権法に基づいて、次のような条件の下でのみ複写が許可されています。

    1. 図書については、全ページを複写することはできません。一部分の複写(半分を超えない)のみ可能です。
    2. 雑誌や論文集に掲載された各論文や記事はその全部を複写可能ですが、発行後相当の期間を経たもの(次の号が既に刊行となったもの、または発行後3ヶ月を経たもの)に限られます。
    3. 複写部数は利用者一人について、一部のみです。
    4. 利用者の学習や調査研究を目的とした複写に限られます。
    5. 有償無償を問わず、再複写したり頒布したりすることはできません。

      詳しくは、社団法人著作権情報センターホームページ内の著作権Q&Aシリーズ「図書館と著作権」をご覧ください。
    ページトップに戻る