ニュース&
トピックス

news & topics

<報告>成蹊大学Society 5.0研究所 第1回講演会/ライブ配信

■主催
成蹊大学Society 5.0研究所
■開催日:
2021年10月9日(土)
■時間:
10:00~11:30
■会場:
オンライン
■ライブ配信参加者数(申込者数):  
173名(342名)
■出演者:
樋口 知之 氏(中央大学理工学部教授/中央大学AI・データサイエンスセンター所長)
小森 理(成蹊大学理工学部准教授/統計数理研究所客員准教授)

2021年10月9日(土)にSociety 5.0研究所主催の第1回講演会を開催し、多くの方々に視聴して頂きました。

Society 5.0にとって必要不可欠な基盤技術であるデータサイエンスを国内外で長年牽引して来られた中央大学AI・データサイエンスセンター所長の樋口知之先生をお迎えし、「DX, データサイエンス,未来社会」という題目で御講演して頂きました。
樋口先生の御講演は主に以下の5つの節から構成されておりました。①「データサイエンス教育強化の背景と経緯」では、過去30年の間で企業形態がモノづくり中心からビックデータの利活用に急激に変化し、それに伴い日本におけるデータサイエンス教育体制の拡充が進められてきた経緯を概説して頂きました。②「社会の動き:DX、IoT、インダストリー4.0」では,DXは単なるデジタル技術の進展だけを意味するものではなく、組織や企業の文化や風土を変革することを意味し、その実現のためには異部門、異分野、異業種をつなぐ役割を担っているデータサイエンスは欠かせない存在であることを分かりやすく説明して頂きました。③「ビッグデータと機械学習」ではビックデータ解析においては必要不可欠な機械学習法について平易な言葉で解説して頂きました。④「帰納法の弱点と社会実装での課題」では,データのみからルールを定める帰納法の限界を指摘され、現場の知識、専門家の知見もあわせて活用する重要性をお話されておりました。⑤「将来の社会像、教育の姿」では樋口先生が考える未来社会の姿を展望して頂き、また樋口先生の御講演の後にはSociety 5.0研究所の3名の所員も参加しフリートークを実施しました。

ご参加くださいました視聴者のみなさまに感謝申し上げます。


<収録動画のオンデマンド配信につきまして>
当初は一週間の公開予定でしたが、講演者との相談の上、期限を設けないこととなりました。お見逃しした方も是非、下記URLからご覧ください。

視聴用URL:https://v2.nex-pro.com/mypage/libraries/27673
※会員登録(無料)が必要となります。登録がお済ではない方は「新規登録」からお手続きをお願いします。