| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > 英米文学科 > 英語学とは

英語学とは

英語学とはどんな学問分野?

皆さんは、「英語学」ということばを聞いて、どんなことを思い浮かべますか。ひょっとすると、イメージが浮かんでこないかもしれませんね。それも無理はないのです。高校までの段階では、はっきりした形で勉強をしたという経験がないのですから。その意味では、皆さんにとって「新しい」学問分野ということになるのかもしれません。英語学とは、一言で言うと、英語を対象とした通時的・共時的言語研究、ということになります。少し難しくなってきましたね。もう少し分かりやすく説明しましょう。
まず、英語にも人間と同じように、歴史があります。皆さんが勉強している現在のような姿になるまでには、実は英語もいろいろな変遷を経てきているのです。英語は、だいたい1,500年くらい前にできましたが、その後、イギリスにおける社会的・政治的・文化的変化とともに、その姿も変化してきています。現在では、アメリカ、オーストラリアはもちろん、世界の数多くの国で使われるようになっていますが、この1,500年の間に起こった英語の変化を、皆さんは想像がつきますか。通時的研究とは、歴史的な研究といってもよいでしょう。さあ、一緒にタイムマシンに乗ってみましょう。
次に、現在の英語に注目して、その構造や機能などの「解剖」をしてみるのも面白そうですね。(1) John is easy to please. (2) John is eager to please. はどちらも同じような単語が使われていますが、John の働き(機能)は全く違うのです。(1) における John はどちらかというと、本来目的語であったものが、主語の位置に来ていると考えてもよいかもしれません。それでは、(2) John はどうなるでしょうか。さあ、英語の構造の特徴について解剖が始まります。英語の共時的研究は、現代英語の構造的な分析が基盤となります。
さて、人間は、5歳くらいまでの間に母国語を習得し、大人になると、その母国語について、無限の文を操る能力を持つことになります。これは、我々にとってあたり前のことですが、実は大変に不思議なことです。このような能力は、他の動物には全くみられないからです。そうなると、この人間だけが持っている言語能力は、研究する価値がありそうですね。皆さんも、ひょっとしてアメリカで生まれ育っていたら、今は英語を話しているかもしれませんよ。
今までのことをまとめてみると、次のようになります。英語学とは、人間の言語としての英語について、その歴史や構造を研究する学問分野ということになります。実は、まだまだお話しなければならないことがたくさんありますが、その続きは、授業でということにしましょう。
興味のある方は次の本を参考にして下さい。

池上嘉彦『ふしぎなことば ことばのふしぎ』ちくまプリマーブックス6(筑摩書房)
小野茂『フィロロジーへの道』(研究社出版)

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.