| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > 国際文化学科 > 卒業論文 ―学修の集大成として― > 2014年度 国際文化学科卒業論文
 
2014年度 国際文化学科卒業論文

有富ゼミ

・インドネシア史〜日本から見る独立戦争〜
・小津安二郎の見た日本の姿
・古代の女性における社会的地位の変容―統治者としての女帝の姿―
・台日関係の歴史と現在
・桃太郎説話の成立と展開
・江戸時代の女性と結婚
・院政期の女院
・「義」に生きたサムライ―「武士道」と「士道」に生きること―
・日本人の「聖地巡礼」における精神性と効率化
・『源氏物語』の英訳―ロイヤル・タイラーの翻訳について―

ページトップへ

川村ゼミ

・「笑われる」の社会的効用
・クラシック音楽の演奏の違いはどこから来るのか
・日本におけるスポーツコミッションの発展
・成人の日から観る日本―ジェンダーの視点から―
・シンガポールから考える東京の未来〜MICE誘致の光と影〜
・心でつなぐ日本と韓国〜青少年交流を事例に〜
・空間を創る〜商業施設における空間演出〜
・「東京の景観を考える」〜記憶と忘却の視点から〜
・オクトーバーフェストの文化触変
・ゆるキャラはまちをおこせるか
・2つのフットボール〜なぜ「蹴る」は「運ぶ」よりも暴力的なのか〜
・sushiは寿司と言えるのか
・アメリカで日本語教育は生き残れるか―日本のポップカルチャーの流行から考える―
・「最新」日本文化論
・日本社会と飲酒文化〜台頭するソーシャルメディアと衰退する飲酒文化〜
・展覧会と国家イメージ
・ブロードウェイ・ミュージカルにおけるヒスパニックの表象―プエルトリカンを例に―
・米国州軍から考える自衛隊の未来

ページトップへ

石ゼミ(フフバートル ゼミ)

スポーツ選手と恋愛―試合と交際の両立について―
女性の「女子」志向
日本語の「国際性」をめぐって
2020年東京オリンピックの開催意義―東日本大震災との関連で―
アメリカに潜む格差社会〜先進国としてのアメリカのもう一つの顔〜
「無気力」とは何か〜自身の経験を通して〜
Social Networking Service が引き起こす社会問題―Twitter Facebook LINE を参考に―
日本の若者からみた現代のサッカー―イギリスでのプレー経験を踏まえて―
民話の伝承としての活字化―新治村の昔話を事例に―

ページトップへ

竹内ゼミ

映画とファッション―『LEON』と『プラダを着た悪魔』が与えた影響―
ボーイズラブは何故読まれるのか―「対等な関係」と「純愛」への憧れ―
日本の「女子旅」ブームに関する考察―観光都市・京都を中心に―
非正規雇用で働く女性への育児支援の現状と課題
個人のキャリア形成―会社と社員の「相互依存関係」から「相互選択関係」への変化―
アガサ・クリスティと「埋もれた罪」への裁き―『オリエント急行の殺人』を中心に―
EDMと若者―新しいポピュラー・ミュージック・カルチャー―
音楽を共有する時代―テクノロジーの進歩がもたらすパラドクス―
東京招魂社と桜―木戸孝允が込めた思い―
Jリーグの窮状―日本サッカーの現状と課題―
サービス産業における感情労働―ホスピタリティが求められる時代―
大英帝国と紅茶―17世紀半ばから19世紀後半までを中心に―
クイア・イン・マンチェスター
海外におけるMANGAの受容―少年漫画の魅力―
女性にとっての心の「癒し」―チョコレートの魅力―

ページトップへ

中野ゼミ

歴史都市鎌倉とその遺産価値
就業人口減少への対処法―女性・高齢者・外国人労働力の活用―
聖地巡礼―新しい観光のかたち―
アメリカ社会と日本人〜メディアが生み出すジャパニーズ〜
ミュージカルへの招待―若い世代にも舞台芸術を―
アメリカエンターテイメント界における同性愛者の闘い
パールハーバーからヒロシマまで―日米戦争の記憶―
世界のトイレ文化―技術発展の歴史とおもしろ事情―
アメリカ大統領と権力
アメリカのアーミッシュ―映画の中のイメージと実像―
人類への警鐘―時代を反映した風刺映画―
ストリートカルチャーという存在―自由とルールの交錯の中で―
遊女という人々―映画に描かれた光と影―

ページトップへ

墓田ゼミ

「ポスト2015とグローバルアクターの動向」日本とアフリカ、持続可能な世界を築くために
フェアトレードが持つ可能性―企業の取組みを例に―
難民と心のケア
国際協力とメディア―平和のためにメディアの力をどう活用するか―
コーヒーと貧困
シンガポールの事例から見る日本の外国人労働者受け入れ問題の未来
カザフスタン共和国の展望
歴史から紐解くカンボジアの歴史―カンボジア難民について―
戦場で生きる子どもたち―アフリカの紛争を例に―
国連平和維持活動の成功と失敗―今後の展望―
戦争と子どもたち
ストリートチルドレンから見る子どもの貧因
人身売買の現状と展望
オーガニックを“特別なもの”から“当たり前のもの”に
英語から見る社会言語学
BOPビジネスの可能性

ページトップへ

細谷ゼミ

・ゴルフからみるアメリカ社会と人種
・南米からの移民と日本の移民政策
・サパティスタ運動―民主主義を問いかける先住民たち―
・グローバル化時代の人材と日本の「グローバル人材」
・富士山の世界文化遺産登録における矛盾〜登録理念と地域振興〜
・紛争後社会における和解とは―南アフリカ真実和解委員会を事例に―
・元子ども兵の社会復帰について―シエラレオネを見つめて―
・コミュニケーションが難しくなった若者たち
・イラク戦争において民間軍事会社(PMSC)が果たした役割
・妖怪の観光利用―福島県二本松市の事例を中心に

ページトップへ

堀内ゼミ

灰色銀行とエンデのモモ
Another Arts ―混濁の輝き―
読書のすすめ
風俗の是非
孤独との戦い
「おいぬ様」の虚像
村上春樹と救世主
自殺と他殺は紙一重
反ピラミッド論
グレーゾーンのススメ
世界をつなぐダンス〜世界共通言語になるために〜
世界遺産のジレンマ
LINEの手引
批判は大きなお世話
神聖けん玉論

ページトップへ

松浦ゼミ

『幸福な王子』とオスカー・ワイルド
ディズニー映画とジェンダー
ジョルジュ・サンドと『愛の妖精』
ルワンダのガチャチャ裁判と国民和解
アルフオンス・ミュシャについての一考察

ページトップへ

三浦ゼミ

・イギリスの貴族文化について
・ヴェルサイユ宮殿の暮らし
・大衆操作とプロパガンダ
・若者における新しい宗教意識―サンティアゴ巡礼の事例―
・アルフォンス・ミュシャ
・ファンタジーにおける名前の効用―ファンタジーの有用性―
・小説の道徳としての「笑い」
・世界遺産の光と影
・日本のアニメーションの可能性
・お菓子の歴史からみえるフランス
・宗教の対立―何が共存を妨げているか―
・イタリア・ルネサンスの思想と芸術
・ハプスブルク家と食文化
・青い目から見た日本
・ロマン派音楽とショパン
・江戸庶民の暮らしと諸外国から見た江戸
・現代の工芸
・フランスのガストロノミ
・ポストモダンを再考する

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.