| 成蹊大学 |
成蹊大学 法学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
問題解決能力と広い視野、深い見識のある人間の育成
HOME > 法学部を知ろう

法学部を知ろう

1年次からの少人数制ゼミ   自由度の高い履修選択
国際コミュニケーション科目・国際教養科目   選抜制のエキスパート科目

基本理念

法は個人の権利と社会や組織の円滑な活動を保障するものであり、政治はそうした法を生み出し実行する究極の原動力となるものです。この意味で、法と政治は人間にとって決して欠かすことのできない要素であり、その重要性はとりわけ今日においていっそう増大しているといえるでしょう。 
法学部における学問は、このように専門性の高いものであると同時に、人間とは何かという原理的な問いへの哲学的かつ歴史的な考察を伴わざるをえないものでもあります。したがって法学部で学ぶということは、学問のまさに神髄と醍醐味を味わうことを意味しているのです。 
成蹊大学の法学部は、学生との相互のコミュニケーションを取りながら、授業の工夫とカリキュラムの定期的な点検を通じて、このような学問的特徴と使命を持つ法学教育がさらに魅力あるものとなるよう常に努力し実施します。

人材育成方針

法学部
成蹊大学法学部は、個人の権利並びに社会及び組織の円滑な活動を保障する法と政治の実現に寄与することを理念とし、法と政治に関する専門的な知識を与えるとともに、それを通じて社会科学的な思考力と合理的な判断力を持った国際感覚豊かな人材の養成を図ります。 
法律学科
主として実定法及びその解釈に関する学修を通じて、法の現状と問題点について深い考察力を持ち、個人の権利の保障に配慮しながら個人間、集団間の利害調整や紛争解決に寄与できるような、リーガルマインドとリーダーシップを持った人材の養成を図ります。
政治学科
主として地方自治から国際政治にまで至る多様な問題に関する学修を通じて、政治及び人間について思想的、歴史的及び実証的な深い考察力を持ち、世界を見通す確かな分析力及び未来を構想する豊かな想像力を身につけた国際感覚豊かな人材の養成を図ります。

教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
法学部では、カリキュラムの履修について懇切な指導をするとともに、それぞれの科目についてはレポート提出や定期試験等の総合的かつ厳正な評価に基づいて単位の修得を認めることによって、学部の人材育成方針にかなうよう卒業生の質の確保に努めています。 

法律学科
法と政治に関する学修を通じて培ってきた社会科学的な思考力及び合理的な判断力を持ち、また、国際的・地域的な多様性の理解に基づき、次に掲げるような基本的な資質を身につけ、現実に起きている諸問題を論理的に分析する能力及び課題を発見し解決する能力を修得した学生に、学士(法学)の学位を授与します。
@ 法学について体系的・専門的な知識を修得するとともに、リーガルマインド(法的思考力・判断力)を持ち、様々な利害や価値観の対立を公正な視点から分析し、解決する能力を身につけている。
A 各年次に配当された「演習」を通じて、批判的・論理的思考力、課題探究・問題解決力、コミュニケーション力などを身につけ、価値観が多様化する現代社会において、柔軟かつ合理的に法的思考力を発揮することができる。
B 選抜制の「LE科目」の履修生は、民法を集中的・発展的に学修することを通じて、法的な思考力を身につけている。また、選抜制の「PSE科目」の履修生は、国際コミュニケーション力の養成に特化した科目の学修を通じて、問題の発見・探究力を身につけている。

政治学科
政治と法に関する学修を通じて培ってきた社会科学的な思考力及び合理的な判断力を持ち、また、国際的・地域的な多様性の理解に基づき、次に掲げるような基本的な資質を身につけ、現実に起きている諸問題を論理的に分析する能力及び課題を発見し解決する能力を修得した学生に、学士(政治学)の学位を授与します。
@ 政治学について体系的・専門的な知識を修得するとともに、個人と社会、個人と組織の関係を円滑にし、集団がよりよい方向に進むための知の力を身につけている。
A 各年次に配当された「演習」を通じて、批判的・論理的思考力、課題探求・問題解決力、コミュニケーション力などを身につけることにより、政治の役割が世界規模で変化する現代社会において、組織における意思決定力及び組織運営力を発揮することができる。
B 選抜制の「PSE科目」の履修生は、国際コミュニケーション力の養成に特化した科目の学修を通じて、問題の発見・探究力を身につけている。また、選抜制の「LE科目」の履修生は、民法を集中的・発展的に学修することを通じて、法的な思考力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
法学部が提供する教育内容やカリキュラムは、成蹊教育の伝統である少人数教育を通じて、時代を超えた法学教育の基本の修得のみならず、社会における多様な関心や現代的な動向にも応えることができるよう工夫されています。具体的には、1年次から4年次にいたるゼミの設置、1年次からの準専門的あるいは専門的科目の提供、4年間の幅広い教養・語学科目の配置などの工夫を挙げることができます。また、法律学科と政治学科との科目の共通化を図るとともに、それぞれの学科のより専門的な深い学修を可能にする特別コース(Legal Expert科目、Political Science Expert科目)も設けています。
 
入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)
法学部では、それぞれ異なる能力を問う様々な入試を通じての人材のリクルートに努めており、入学後に多様な資質をもつ学生が相互に交流することによって、法学部での学生生活が活性化することを図っています。
アドミッション・ポリシーの詳細は、こちらをご覧ください。

研究

法学部では、それぞれの分野の第一線で活躍し学界をリードする優れた研究を生産すると同時に、専門性に留まることなく現実の世界への高い関心に基づいて学問的成果を社会に還元する活動にも積極的に参加することが研究の基本方針とされています。

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.