成蹊学園施設紹介

箱根寮

成蹊学園箱根寮の歴史は、1943年2月、当時の学園理事長岩崎小弥太から岩崎家のゴルフ場であった元箱根の土地6.3万坪の寄贈を受けたことから始まります。その翌年の8月、千葉県館山市にあった波左間寮の建物二棟を移築し、同年9月には戦況悪化に伴い空襲の危険を避けるため「成蹊疎開学園」を開設し、初等学校(小学校)児童を疎開させました。
小学校の夏の学校は、戦争中は中断されましたが、1949年7月からこの箱根寮で再開され、現在に至っています。

現在の箱根寮は、1992年に新築されたもので、成蹊学園創立100周年となった2012年に20周年を迎えました。成蹊学園はこの素晴らしい環境をより多くの方に快適に利用していただくために、近年は園路整備などに力を注いでおり、多くの学園関係者に愛される存在となっています。

施設概要

部屋数
和室14室╱研修室2室╱ラウンジ╱食堂兼ホール╱アトリウム╱洗濯室
収容人数
124名
施設
テニスコート2面╱バーベキューハウス(4月~11月)
設備品
コピー機╱DVDプレーヤ╱卓球台╱ピアノ╱プロジェクター╱移動式スクリーン╱無線LAN
  • 研修室
    研修室
  • 自習コーナー
    自習コーナー
  • 食堂
    食堂
  • ラウンジ
    ラウンジ
  • テニスコート
    テニスコート
  • 和室
    和室

季節のメニュー

四季折々のお食事をご用意しています。
※食材の入手状況等により、実際とは異なる場合があります。

お食事例
玄関廻り
玄関廻り
外観西北面
外観西北面
アクセスマップ

所在地
〒250-0522
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根蛭川134-3

交通アクセス
【電車・バス】
新宿→(小田急線特急90分)→箱根湯本→(バス40分)→元箱根→(徒歩20分)→寮
【自動車】
用賀IC→(東名高速道路 84km)→御殿場IC→(国道138号 11km)→仙石原→(6km)→湖尻→(8km)→元箱根→寮

戻る

page top