成蹊教育基本理念

理事長メッセージ

~伝統とともに
新時代の教育を実現~

成蹊学園理事長 佃 和夫

成蹊学園の歴史は、1912年、創立者である中村春二が、中学時代の親友であった岩崎小弥太と今村繁三の協力を得て、池袋の地に「成蹊実務学校」を開校したことに始まります。以来、学園は「桃李不言下自成蹊」の姿を理想とし、「個性の尊重」「品性の陶冶」「勤労の実践」という建学以来の教育理念を継承しつつ、小学校、中学校、高等学校、大学、大学院を設置する総合学園として、国内外で活躍する数多くの有為な人材を社会に送り出し、発展を遂げてまいりました。

グローバル化が進み、変化が激しく混沌とした現在、大学をはじめ学校教育に対する社会からの要請は益々高まっています。私立学校は、独自の建学の理念をもとに、特色ある教育を時代に即して実践することにより、他校との差別化を図り、社会から高い評価と信頼を得る存在でなければなりません。

成蹊学園は2012年に創立100周年を迎えましたが、その歴史と伝統に甘えることなく、次の100年に向け、時代の要請に応じ成蹊教育の質を一層高めるため、努力を続けています。2013年4月には新たなガバナンス体制のもと、2013年度から6年間を達成期間とする中期重点目標(中期ビジョン)を策定しました。その目指すところは『自ら課題を発見し、解決できる人材の育成』です。複雑な現代社会の中で求められる人物像は、自分で課題を見つけ出す力を持ち、そしてその解決に向けて、自らの知識や能力だけでなく、多様な価値観を有する他者と協働しながらチームで解決に導いていけるリーダーシップを身につけた者です。一人ひとりがこうした力を身につけ、社会のさまざまな分野で活躍する人材に育っていくよう、中期重点目標では、グローバル化の推進、教育・研究の質の向上、産業界・地域との連携とこれらを支える組織・経営基盤の強化という4つの施策を柱とし、それぞれの分野でさまざまな教育改革への取り組みを進めています。

私どもは、確かな教養と豊かな人間性を兼ね備え、社会の発展のために献身的に貢献できる人材を育成することこそが、学園の建学の本旨であり、これからの時代もさらに強く求められるミッションであると認識しています。そして、今後も建学の精神を柱に、時代のニーズにあった教育改革を迅速に断行してまいります。皆さまには、今後ともより一層のご理解とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

メニューページへ戻る

page top