採用情報

専任職員(総合職)

先輩職員の声 学生・対外折衝部門 キャリア支援センター事務室

     キャリア支援センター事務室
   20代 男性 入職3年目

 

 ニュース キャリア支援センター事務室事務室の仕事内容
成蹊大学のキャリア支援センターでは、就職を中心とした「卒業後の進路選択」に対しての支援と、1年次から”大学生活をいかに充実させるか”について考える機会を提供する「キャリア教育」が業務の2本柱となっています。 前者については、学生が納得した進路を選択できるよう、学部ごとに専属の相談担当者を置き、1対1の個別相談を中心にバックアップします。
また進路決定を後押しする支援行事の企画・運営や、企業の採用担当者を訪問して情報交換を行うことも重要な仕事です。 後者では、効果的な授業科目(キャリア教育科目)の内容検討、インターンシップを希望する学生の支援などを行っています。

 
ニュース 担当業務と仕事のやりがい
 主な業務は学生との個別相談です。卒業後の進路について、学生とじっくり向き合って話し合いますが、相談に来る学生の悩みや不安、課題は様々。その内容は一つとして同じものはなく、相談時は常に頭をフル回転させ、その学生にとってベストな方向は何かを考えながら、日々業務にあたっています。
相談の内容によっては、厳しいことを言わざるを得ない場面もあります。その際に最も大事なことは、学生との間に信頼関係が築けているかどうか。「この人になら、言われても仕方が無い」と思ってもらえるか否かは、それまでの相談の中でどれだけ正直に、真っ直ぐに学生と向き合えていたかにかかっています。その点をいつも念頭に置き、綺麗ごとだけの上っ面の相談ではなく、腹を割って学生と向き合うことを肝に銘じています。
試行錯誤を経て信頼関係を築き、納得のいく進路を得た学生の充実した表情を見たときに、この仕事に就くことができて良かったと、心から感じます。また卒業後も私を訪ねて成蹊大学に足を運んでくれる方もいます。このように在学中から卒業後も続く、学生と職員ではない一社会人同士の関係にまで繋げることができるのが、この仕事の最大の魅力です。

 ニュース 学校職員を目指す人たちへのメッセージ
少子化に歯止めが掛かる兆しが見えない中、学校業界も生き残りをかけて変革の時を迎えていることは皆さんご承知だと思います。成蹊学園も創立100周年を迎えましたが、教職員の頭は既に、200周年を迎えるために今何をすべきかに切り替わっています。今後成蹊学園も厳しい局面に立たされることもあるかもしれません。
このご時世、どの業界どの職種でも易しい仕事など一つもないと思いますが、成蹊学園でこの時代を一緒に乗り越えられる仲間を、心よりお待ちしています。

【お問い合わせ先】
成蹊学園総務部人事課
住所:〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422-37-3505 MAIL:recruit@jim.seikei.ac.jp

戻る

page top