成蹊学園施設紹介

学内施設紹介

  • 大学キャンパスマップ
  • 中学・高等学校
  • 小学校

約27万m²という広大な敷地に広がる、小学校から大学までの充実した教育施設を紹介します。

大学キャンパスマップ

成蹊大学の全学部約8,000人が4年間一緒に過ごす、都心に近い緑豊かな大学キャンパス。キャンパスマップ上の施設をクリックすると、敷地に広がる各施設の説明を写真と共に表示します。

くわしく見る

中学・高等学校

都内でもトップクラスの施設、設備を持つ中学・高等学校。最新の教育機器を導入した中央館、天体観測ドームを備え、実験実習重視の教育を支える理科館、美術・工芸の時間に使われる造形館、一学年全員が入れる大教室や調理室、被服室や和室、書道室を備える特別教室を紹介します。

くわしく見る

小学校

2008(平成20)年に竣工した本館は、「あかるい・あんしん・やさしい」をコンセプトに、第51 回建築業協会賞(BCS賞)を授賞しました。パソコンコーナーやけやきホールを備えた本館を中心に、音楽室や美術室のある松林館、フィールドアスレチック、トンネル山グラウンド、おしゃれなデザインの体育館と温水プールを紹介します。

くわしく見る

成蹊学園史料館

創立者中村春二の遺徳を偲ぶとともに、建学の精神に触れ、成蹊教育の発展を図るために1988(昭和63)年に開館した史料館。日本の近代教育の歴史に加え、「大正自由教育」の展示室を設けています。

くわしく見る

情報図書館

情報図書館は、21世紀の情報化・国際化社会に対応するため、多彩な情報収集能力を備えた「知の拠点」として開館。ネットワークにより、学内外の学術文献・図書資料を瞬時に検索・利用することができます。「自動書庫」は収蔵能力約72万冊、1階から5階までの開架書架では約55万冊の図書を自由に閲覧できます。

くわしく見る

成蹊気象観測所

成蹊気象観測所は、1926(昭和元)年に生徒による気象観測をきっかけとしてはじまった成蹊学園に所属する私立の気象観測所です。温度や気圧、日照や風向風速を始めとする各種気象観測を、毎日1回朝9時に気象庁・気象観測法に準拠して行っています。

くわしく見る

メニューページへ戻る

page top