成蹊中学・高等学校
トップページ > 中学・高等学校の取り組み

中学・高等学校の取り組み

中学・高等学校の取り組み

敷地内の自然と施設を生かし、教職員と生徒全員で実践的な活動と環境保護意識醸成の教育に取り組んでいます。省エネルギーは早くから電気及び水資源の節減に取組んで効果をあげ、引き続きさらなる節減を目指しています。また、教育面では伝統のある本物にふれる実践教育、体験教育を通じて、環境保護について知識とともに実践できる人材の育成に努めています。

取り組みの歴史

省エネ活動についてはいち早く取り組み、2001年からのデータ収集に基づく省エネ意識の醸成と、2004年に行った独自の省エネチームによる啓発活動の結果、着実に電気とガスの使用量を減少させてきました。2006年度からは学園全体の中で省エネ活動に取り組み、毎年、目標達成に向けて意欲的な活動を展開しています。
また、ITの活用を積極的に行い、電子ファイルの共有化と電子メールの活用で紙への印刷を抑制し、帳票類のサイズ統一と用紙の両面利用を含め紙の消費量を抑制する活動をしています。

今後の目標とこれからの環境に配慮した諸活動

教育活動 全員参加による実践を通じた諸活動の徹底と拡大、ならびに各教科の学習、朝礼、夏の学校などあらゆる教育機会を通じ、地域のみならず地球環境の保護に関する生徒の意識の行動力を醸成します。また、敷地内の一部の林園を自然のままに維持し、森林と環境の理解教育に取り組みます。さらに、ゴミ問題は大学生とも交流を行い、より大きな視野での問題解決を図ります。
施設整備 より一層の省エネルギーを図るため、中学校と高校の校舎では、空調設備の運転時間と照明器具のセンサーの設定内容を見直しています。その他の建物についても同様の見直しを行い、照明器具は効果の大きなエリアを選び、照度や人の存在を検知して照明の点消灯、照度の自動調整ができる方式に切り替えて行きます。
キャンパス環境 電気、ガスの使用量の節減、水、紙の省資源活動、ゴミの分別(リサイクル)などの諸環境活動の充実を図ります。また、林苑の維持と校舎周辺の緑化を通じてみどりの保全に努めます。
野外観察会

野外観察会

夏の学校「八島湿原の自然観察風景」

夏の学校
「八島湿原の自然観察風景」

2016年度の活動目標について

2016年度の活動として以下の目標を設定します。

教育活動 授業を通して、環境に関する諸問題を生徒に提示します。また、自然観察会や中学の宿泊行事、高校の学習旅行などを通して、自然と深くふれあい、環境に関する意識を醸成します。伝統的に行われている気象観測も継続し、蓄積されたデータについては広く公開していきます。
リサイクル 生徒会を中心として、ゴミの分別やアルミ缶・ペットボトルキャップの回収など、リサイクル活動に取り組みます。また、日常使っている学校の施設、備品から個人の持ち物に至るまで、長く大切に使う心を涵養し、資源の有効利用と環境美化に努め、環境活動を自らの問題として捉えるようしていきます。
省エネルギー 空調、照明などに消費されるガスと電気のエネルギーの削減をさらに推進します。そのために、空調の温度と運転時間の管理、照明のこまめな消灯を推進、啓発していきます。省エネルギー設計の中学・高校の校舎でも空調、照明の運転条件の設定内容の見直しを行います。
トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp