CAPS Book Series

アジア太平洋研究センター叢書

https://www.seikei.ac.jp/university/caps/img/024a.jpg

『Music in the Making of Modern Japan: Essays on Reception, Transformation and Cultural Flows (Pop Music, Culture and Identity)』

日比野 啓(文学部教授)・Barnaby Ralph(文学部教授)・Henry Johnson 編著
(Palgrave Macmillan出版、2021年7月)

Back Number

※以下に記載のない過去の叢書は、叢書一覧 CAPS Book Series を参照

『認知言語学を拓く』
『認知言語学を拓く』森 雄一・西村 義樹・長谷川 明香 編
(くろしお出版、2019年10月)
『認知言語学を紡ぐ』
『認知言語学を紡ぐ』森 雄一・西村 義樹・長谷川 明香 編
(くろしお出版、2019年10月)
『変貌する恋愛と結婚』
『変貌する恋愛と結婚』小林 盾・川端 健嗣 編
(新曜社、2019年4月)
『国民国家と文学』
『国民国家と文学』庄司 宏子 編著
(作品社、2019年2月)
『グローバル化する<正義>の人類学』
『グローバル化する<正義>の人類学』細谷 広美・佐藤 義明 編
(昭和堂、2019年2月)
『中国北方危機言語のドキュメンテーション』
『中国北方危機言語のドキュメンテーション』李 林静・山越 康裕・児倉 徳和 編著
(新曜社、2019年4月)
『アメリカン・レイバー』
『アメリカン・レイバー』日比野 啓・下河辺 美知子 編著
(彩流社、2017年10月)
『危機言語へのまなざし』
『危機言語へのまなざし』石 剛 編
(三元社、2016年9月)
『メディアと文化の日韓関係』
『メディアと文化の日韓関係』奥野 昌宏・中江 桂子 編
(新曜社、2016年4月)
『移動する人びとの教育と言語』
『移動する人びとの教育と言語』趙 貴花 著
(三元社出版、2016年2月)
『変貌する恋愛と結婚』
『従業員と顧客の自発的貢献行動』上田 泰 編著
(多賀出版、2015年10月)
『ライフスタイルとライフコース』
『ライフスタイルとライフコース』山田 昌弘・小林 盾 編
(新曜社、2015年6月)
『アジアからの世界史像の構築』
『アジアからの世界史像の構築』湯山 トミ子・宇野 重昭 編著
(東方書店、2014年7月)
『難民・強制移動研究のフロンティア』
『難民・強制移動研究のフロンティア』墓田 桂・杉木 明子・池田 丈佑・小澤 藍 編著
(現代人文社、2014年4月)
『日本表象の地政学:海洋・原爆・冷戦・ポップカルチャー』
『日本表象の地政学:海洋・原爆・冷戦・ポップカルチャー』 遠藤 不比人 編著
(彩流社、2014年3月)
『分散システム:P2Pモデル』
『分散システム:P2Pモデル』滝沢 誠・榎戸 智也 共著
(コロナ社、2014年3月)
『カントからヘルダーリンへ 』
『カントからヘルダーリンへ 』瀬戸 一夫 著
(東北大学出版会、2013年12月)
『デモクラシーとコミュニティ』
『デモクラシーとコミュニティ』中神 康博・愛甲 雄一 編
(未来社、2013年9月)
『アメリカン・ヴァイオレンス』
『アメリカン・ヴァイオレンス』権田 建二・下河辺 美知子 編著
(彩流社、2013年5月)
『グローバル化の中のポストコロニアリズム』
『グローバル化の中のポストコロニアリズム』大熊 昭信・庄司 宏子 編著
(風間書房、2013年3月)
『日中経済刑法の比較研究』
『日中経済刑法の比較研究』佐伯 仁志・金 光旭 編
(成文堂、2011年5月)