アジア太平洋研究センター(CAPS)では、ユナイテッドピープル株式会社が提供するオンライン映画配信サービス【cinemo.edu】を成蹊大学の学生向けに2020年6月より開始しました。
2年目となる2021年度は11作品を新しくしたSDGs(持続可能な開発目標)に関連した環境、平和、食、人権、多様性、エネルギーなど、多様なテーマの17作品がご自身のPCやスマートフォンにて無料で視聴できます。
新型コロナウイルス感染症拡大のため、家で過ごす時間が増えた今だからこそ、オンラインで世界の様々な状況を知り、視野を広げてみませんか。

※サービス提供期間:2022年3月末まで

■□ 申込み方法 ■□

以下の「申込みフォーム」から必要事項を入力してください。<先着1000名>
[入力項目:氏名、学部、学籍番号、学内配付のメールアドレス]

申込みいただいた方には、専用サイトのIDとパスワードをお知らせします。1名につき1アカウント発行致します。

(昨年度登録された方も、再度登録が必要です。)
□■ 視聴可能な17作品 ■□
作品詳細ページ(作品名をclick)

『1日1ドルの生活』
『シード~生命の糧~』
『ジェンダー・マリアージュ~全米を揺るがした同性婚裁判』
『ソニータ』
『ハッピー・リトル・アイランド』
『マヤ ― 天の心、地の心 ―』 
『気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~』
『最後の楽園コスタリカ ~オサ半島の守り人~』
『女を修理する男』
『静寂を求めて -癒やしのサイレンス-』
『難民キャンプで暮らしてみたら』
『happy-しあわせを探すあなたへ』
『ヴィック・ムニーズ ゴミアートの奇跡』
『おクジラさま ふたつの正義の物語』
『ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償』
『バベルの学校』
『ポバティー・インク~あなたの寄付の不都合な真実』  




【CAPSCINEMA】とは・・・

成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)が主催する、アジア太平洋地域を中心とした社会の諸問題に対してテーマを定め、みなさんと一緒に考えていくための上映会です。