世界と出会い、世界に挑む。
TOEFL/IELTSスコアアップから留学、
キャリアデザインまで一貫サポート。

グローバル化の進展に伴い、国際的に活躍できる人材、とりわけ企業をはじめとした様々な組織において国際化を牽引できる人材が渇望されています。

グローバルな視野と企業家精神を持ち、次の時代を切り拓く人材が求められているのは、ビジネスの世界だけに限りません。あらゆるフィールドにおいてそのニーズは増しています。

「グローバル市民」としての知見と教養に加え、
ビジネスや実社会で求められる実践的なスキルを磨くために。

「グローバル市民」としての
知見と教養に加え、ビジネス
や実社会で求められる実践的
なスキルを磨くために。

成蹊大学は、2020年4月、グローバル教育プログラム「EAGLE」を開設します。
TOEFLやIELTSなどのスコアアップから留学へ、そして帰国後のキャリアデザインまで、一貫して徹底的にサポート。

今の中学生や高校生が、社会の中核を担う2040年、2050年の未来を見据えて、グローバルな舞台に"鷲"のように力強く羽ばたく人材を育てていきます。

EAGLEとは?

2020年4月、成蹊大学で新しいグローバル教育プログラム「EAGLE」がスタートします。
英語名称「Education for Academic and Global Learners in English」、通称EAGLE(イーグル)です。
2020年度入学試験より新設予定の「2教科型グローバル教育プログラム統一入試(G方式)」の受験を経てEAGLEの履修生となります。
EAGLEは、学修意欲、英語力ともに高い選抜された30名の学生が各学部学科に所属しながら少人数の授業でグローバルに学ぶ、学部横断型の特別な教育プログラムです。

EAGLEは、
国際志向を持って新しい時代に挑む、
チャレンジ精神溢れる学生向けの
特別な教育プログラムです。

EAGLEで学ぶ理由

REASON1

実践的な英語力を徹底的に鍛える

Improve practical English skills

日本語を補助的に用いる場合を除き、EAGLEの科目は原則的に英語で行います。
EAGLE専用(必修)の英語科目を設け、4技能(聞く・読む・話す・書く)を中心とした英語運用能力の総合的なスキルアップを目指します。

WEBのオンライン英会話科目も導入し、英語をアウトプットする力を鍛えます。留学の準備としてTOEFLやIELTSなどのスコアアップを徹底的にサポートし、充実の留学につなげます。

また、国際関係、経済、文化などにまたがるバラエティ豊かな学際科目では、各担当教員の最先端の研究を反映し、世界の今を身近に感じる授業を少人数で展開します。

REASON2

手厚い奨学金と授業料減免制度で留学をバックアップ

Generous financial support for stydying abroad

1年次の夏期休業中にEAGLE履修生全員が参加する英国ケンブリッジ大学への短期留学をはじめ、中長期留学の制度も充実。
また、成蹊大学納付金の2/3減免、留学先大学の授業料免除、留学奨学金給付といった、経済的に手厚いバックアップが大きなポイントです。

短期協定留学(1年次夏期休業中)
英国ケンブリッジ大学
EAGLE履修生は全員参加
留学費用補助予定
中期協定留学(2年次以降)
アイルランド ダブリンシティ大学(インターンシップ付)
オーストラリア クイーンズランド大学(インターンシップ付)
成蹊大学納付金(授業料等)の2/3減免
プログラム費用補助金給付あり
長期協定留学(2年次以降)
各協定大学へ
成蹊大学納付金(授業料等)の2/3減免
留学先授業料の免除あり
※留学先により自己負担の場合もあります。
JSAF協定留学・認定留学
成蹊大学納付金(授業料等)の2/3減免
プログラム費用補助金給付あり
※留学先により給付なしの場合もあります。
外国留学奨学金
EAGLE履修生は給付金額を増額予定
※留学奨学金は一定の語学基準を満たした場合に給付

REASON3

学部専攻×EAGLE=強靭な二刀流

Two-pronged strategy to enhance your capacities

EAGLE専用の少人数の授業やゼミでアクティブに学び、主体性や応用力を身に付けるとともに、異なる学部生との共同学修を通じて、多様な考え方や価値観を理解する柔軟性を養います。
学修意欲の高い学生が集まる環境で、切磋琢磨し、刺激を与え合いながら成長していきます。所属学部の学びにEAGLEの学びを掛け合わせ、「二刀流」の力を磨いていきます。

REASON4

将来を見据えたグローバル・キャリア支援

Pursue your global career

海外インターンシップ

アイルランドのダブリンシティ大学、オーストラリアのクイーンズランド大学への中期協定留学には、インターンシッププログラムがセットされています。

グローバル・キャリア・デザイン

EAGLE専用の「グローバル・キャリア・デザイン科目(3年次)」では、将来グローバルに活躍するためのキャリアデザインについて学びます。

ビジネストレーニングプログラムへの優先参加枠(予定)

成蹊大学独自のキャリア教育プログラム「丸の内ビジネス研修(MBT)」へのEAGLE履修生の参加枠の設定と協力企業の海外事業所でのインターンシップ実習を予定しています。

REASON5

世界を感じながら学ぶ環境

Academic atmosphere with the world at your fingertips

国際寮

国際寮では、グローバル教育の効果を日常レベルで高めることができます。

エンパワーメント プログラム

海外大学生と共に英語によるディスカッションやプレゼンテーションに取り組む集中プログラム。

カリキュラム

EAGLEの特徴的な授業科目をいくつかご紹介します。

Foreign Language

英語4技能の向上を目指して実践的に学び、将来の留学やキャリアに必要なスキルを獲得します。
オンライン英会話科目の導入も予定しています。

Seminars

テーマを決めてチームで共同学習・リサーチ、その成果をプレゼンテーションします。

Global Studies

多彩なテーマから、世界の今を学びます。

EAGLE成長のステップ

入学からキャリアデザインまでのステップ

STEP1 1年次

英語漬けの日々。
集中的、徹底的に英語力を磨く。

・EAGLE専用の英語科目やセミナーにより、読む、書く、話す、聞くの英語の4つの力(4技能)を徹底強化。

・TOEFLやIELTSなどのスコアアップを目指す。

・夏休みの3週間、英国ケンブリッジ大学に短期留学(原則全員参加)。朝から晩まで英語漬けの生活を過ごす。

STEP2 2年次〜

中期、長期の本格留学へ。
海外インターンシップ参加も。

・協定大学との単位互換制度により、4年間での卒業も可能。

・海外インターンシップ付きの留学プログラムあり。

・留学奨学金給付※に加え、成蹊大学納付金の3分の2減免や留学先授業料の減免※などの経済的バックアップ。

※一定の語学基準を満たした場合に給付。

※留学先により自己負担の場合あり。

STEP3 3年次〜

グローバルキャリアを目指す。
充実のキャリア教育・サポート。

・EAGLE専用科目「グローバルキャリアデザイン」では、ビジネスの最先端を知る講師による授業を受ける。

・成蹊大学独自のキャリアトレーニングプログラム「丸の内ビジネス研修(MBT)」への優先参加枠あり。(※予定)

STEP4

卒業後のビジョン

・日系、外資系企業のビジネスパーソン

・国際機関の職員

・貿易や観光業などでグローバルに活躍する人材

これまでに成蹊大学で国際教育を受けた卒業生からのメッセージです。
EAGLEを志望する方の参考になるよう、自身の経験を語っていただきました。

林田悠希さん (経済学部 経済経営学科)

カナダのビクトリア大学留学で「公共経済学」を受講後、以前は興味が無かった金融業に興味を抱くようになりました。多くの実務家教員を抱える留学先では、州政府の現役金融省職員のもとで金融業務や理論を実践的に学び、ディスカッションを多用する歴史学の講義では多様性を理解する機会を得ました。また、寮生活で知り合った異なる価値観を持つ学生や院生との会話の多くも自分の中で道標として機能しました。結果として、留学中に働く上で必要な素養の獲得やキャリアプランの構築が可能となり、スムーズな就職活動に繋がりました。
内定先:外資系金融

千住貞信さん (法学部 政治学科)

2年の後期から1年間アメリカのミシシッピ大学に留学し、政治学の授業を履修しました。アメリカの視点から世界各国の政治・政治学について勉強できたこと、現地の学生と共同論文を執筆したことなど、日本では得ることのできない経験を積むことができました。多くの友人にも恵まれ、何度もホームパーティーに招待されるなど、充実した1年間を過ごしました。就活時にはグローバル志向の高いメーカー企業を中心に志望し、内定を得ることができました。面接時に、他の学生との違いを示せた留学時代を中心に話したことが、評価されたと思います。
内定先:製造業

戸谷実佳子さん (文学部 英米文学科)

他学部の学生に刺激を受けながら、より実用的な英語力を身につけられる事が成蹊のグローバル教育の魅力だと思います。イギリスのマンチェスター大学留学中はプレゼンテーションやディスカッションの機会が多くありましたが、成蹊大学でたくさん経験していたため自信を持って取り組むことが出来ました。また、留学中の授業を成蹊大学の単位として認めてもらえるため、留学後もとてもスムーズでした。成蹊のグローバル教育と留学を通して、TOEIC のスコアも200点ほど上げることが出来ました。そして、就職活動では大学生活で身につけた英語力を高めることの出来る航空業界や商社を志望しました。
内定先:国内航空会社

※2019年4月から「英語英米文学科」に学科名称変更。

EAGLEの受験をお考えの方

EAGLEの入学試験方式「2教科型グローバル教育プログラム統一入試(G方式)」の詳細については、こちら をご確認ください。

※プログラムの内容やカリキュラムの科目名等は変更となる可能性があります。