成蹊大学・大学院
トップページ > 大学・大学院の取り組み

大学・大学院の取り組み

  • 大学・大学院の取り組み

大学・大学院の取り組み

敷地内の自然と施設を生かし、教職員と学生全員で実践的な活動と環境保護意識醸成の教育に取り組んでいます。省エネルギーは早くから電気と水道量の節減に取り組んで効果をあげ、引き続きさらなる節減を目指しています。また、教育面では伝統のある本物にふれる実践教育、体験教育を通じて、環境保護について知識とともに実践できる人材の育成に努めています。

取り組みの歴史

1975年12月 工学部で防災の心得を策定。
1988年 7月 工学部安全管理及び事故処理に関する申合せを制定。
1992年12月 工学部安全規則を制定。
2002年 3月 安全と環境に配慮した工学部新実験実習棟が竣工。
2003年 1月 工学部安全規則等を廃止し、工学部安全環境整備規則を制定。
2003年10月〜11月 成蹊大学秋季公開講座を「環境保護と現代の生活」という統一テーマで実施。
2004年 3月 新しい環境技術(屋上緑化、太陽光発電、センサー型自動照明システムなど)に基づく設備を備えた大学西1号館(法科大学院棟)を建設。
2004年 4月 経済学部経済経営学科に「社会と環境コース」を設置。
2006年 5月 成蹊大学前期公開講座第1回講演会のテーマを「環境とエネルギー」で開催。
2006年 6月 新しい環境技術(屋上緑化、太陽光発電、センサー型自動照明システムなど)に基づく設備を備えた情報図書館を建設。
2006年 7月 成蹊大学学生環境委員会が発足。
2007年 2月 理工学部安全環境整備委員会による安全ガイドブックの編集作業。
2007年11〜12月 成蹊大学後期公開講座を「地球温暖化を考え、行動する」統一テーマに開催。
2008年 2月 化学物質管理システムを導入。
2008年 4月 学生環境委員会が入学式後の学生生活オリエンテーションおいて、新入生に対する環境活動オリエンテーションを実施。以後毎年実施。
2008年 5月〜 6月 成蹊大学前期公開講座第3回講演会のテーマを「食とエコ」で開催。
2008年 9月〜
2009年 1月
経済学部が2008年度武蔵野市寄附講座として「Thinking“ECO”―環境を考え取り組む―」を開講。
2008年10月 毎月15日を環境負荷軽減の活動を行う「大学環境デー」に制定。
2008年11月 高圧ガス貯蔵庫建設。
2009年1月 重油式ボイラー設備撤去。
2009年5月〜6月 成蹊大学前期公開講座を「環境」という統一テーマで開催。
2009年9月 学生向け「内部環境監査員養成セミナー」を開催。受講者に「内部環境監査養成コース終了証」を授与。以後毎年実施。
2009年9月 第1回エコ大学ランキングで成蹊大学が私立大学で第3位になる。
2009年11月 成蹊大学賞に新たに『環境学術部門』を設け、学生2名が受賞。
2009年12月 フィールドに雨水浸透人工芝を採用した全天候型の「けやきグラウンド」完成。
2009年12月 大規模地震を想定した避難訓練実施し、753名の学生と110名の教職員が参加。以後年1回以上の訓練を毎年実施。
2010年4月 学部横断の「成蹊教養カリキュラム」がスタートし、「成蹊環境セミナー」をはじめとする環境科目を開講。
2010年6月 成蹊大学法学会主催講演会で「地球環境温暖化対策と国際貿易の法律問題」をテーマとして松下滿雄名誉教授が講演。
2010年6月 学園の内部環境監査において学生が内部環境監査員として参加。以後毎年参加。
2010年11月 第2回エコ大学ランキングで成蹊大学が私立大学で第5位になる。
2010年12月 成蹊大学賞『環境学術部門』で学生1名が受賞。
2011年6月 成蹊大学前期公開講座第2回講演会のテーマを「ごみと植林と温暖化」で開催。
2011年7月 学生環境委員会の企画で、大学1号館にゴーヤのグリーンカーテンを植栽。また、打ち水も実施。
2011年9月 キャンパス内の喫煙場所を整理・縮小し、新たにガラス壁で囲まれた喫煙ハウスを設置。
2011年10月 第3回エコ大学ランキングで成蹊大学が総合第5位、私立大学で第3位になる。
2011年11月〜 第1回「大学環境ウィーク」を実施。以後、それぞれテーマを定めて年2回毎年実施。期間とテーマについては、後述のとおり。
 第1回:2011年11月「用紙削減」
 第2回:2012年 4月「用紙削減」
 第3回:2012年11月「学生の通行ルール遵守」
 第4回:2013年 4月「学生の通行ルール遵守」
 第5回:2013年11月「学生のごみ分別」
 第6回:2014年11月「用紙削減」
 第7回:2015年11月「電気の無駄遣い防止に向けた啓蒙活動の実施」
(なお、2014年度からは年1回の実施となった)
2011年11月 「用紙使用量削減」をテーマに第1回「大学環境ウィーク」を実施。
2011年11月 アジア太平洋研究センター主催連続講演会第4回目のテーマを「中国での環境問題解決への実践的アプローチと課題」で開催。
2011年11月 学生環境委員会の企画で、ゴーヤ撤去後のプランターを有効活用し、冬にかけて花を咲かせるパンジーを植栽。
2012年10月 第4回エコ大学ランキングで成蹊大学が初の中規模部門第1位、2年連続総合第5位になる。
2012年12月 学生環境委員会が、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」に学園と共同出展し、本学の取り組みについて広くPRを行う。
2013年6月 成蹊大学前期公開講座第2回講演会のテーマを「地球温暖化とエネルギー」で開催。
2013年11月 第5回エコ大学ランキングで中規模部門5位、総合15位の成績を収める 。
2014年5月 1年次配当の登録必須科目「フレッシャーズ講座」の中で学生環境委員会の学生とともに、「成蹊学園の環境対策 」をテーマに授業を実施。
2014年6月 光ダクトや自然換気システムなど環境に配慮した大学6号館が完成。

なお、工学部/理工学部では20年以上前から学生を対象に、実験の安全等に関する講習会を年に1回開催しています。

今後の目標とこれからの環境に配慮した諸活動

組織活動 大学キャンパスのみならず、学園全体の快適なキャンパス環境の維持には大学生の主体的参画が必要です。環境マネジメントシステムに対する学生の関心を高め、キャンパス環境の改善を教員と学生が一体となって促進していく体制を強化していきます。毎月の大学環境デーに加え、年1回の大学環境ウィーク、そして、年4回学園が実施している地域清掃活動を周知浸透させ、活動の活性化を図り、環境活動に学生と教職員が協働して取り組んでいきます。
教育活動 成蹊教養カリキュラムおよび各学部における授業を通し、環境問題への理解を深める教育活動に取り組んでいきます。
また、教職員や学生は教育活動や研究活動においてキャンパスを利用しています。一人ひとりの小さな心がけがエネルギーや資源の利用削減につながるため、環境活動を構成員に広く浸透させるよう努めます。

2016年度の活動目標について

大学のキャンパス内の建物側面の緑化・花化により、キャンパスの緑の維持と適正な計画による環境整備の充実を図ります。
また、活動の情報発信により、広く構成員の環境への意識の向上に努めます。

トップページへ戻る
ページトップへ
0422(37)3515 s-ems@jc.seikei.ac.jp