研究所紹介

研究所紹介

独自の成果を目指して

理工学研究所長 坪村太郎

2010年4月に成蹊大学理工学部および大学院理工学研究科の研究の中枢施設として、理工学研究所が設置されました。研究所を作った目的は、従前の研究室単位の研究だけでなく、組織を主体とした研究も実施できるような仕組を整え、外部との連携を強めていくことでした。

今世紀になってから、学科の枠を超えて多くの人数が参画した研究プロジェクトが動き出しています。それらにはたとえば私立大学学術研究高度化推進事業(ハイテク・リサーチ・センター整備事業、2004年度~2008年度)と私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(研究拠点を形成する研究、2008年度~2012年度)があります。前者では、「人にやさしい」をキーワードに3つのテーマで学際分野の研究を進めました。後者では、「人と環境に優しい調和した統合化環境制御システムの構築―ユビキタス環境構築による環境問題ソリューション―」をテーマに本学ならではの研究成果を世に問いました。

最近は若手の研究者を中心に、本HPでも紹介するような研究例をはじめ、多くの課題に教員のみならず学生さんも巻き込んで研究が進められています。理工学研究所がこれらの研究の核となって大きな成果を得ることをめざします。

本研究所は理工学系分野について外部からの受託研究の窓口となっており、毎年相当数の研究を受託しています。今後も特色ある組織的研究と受託研究を行い、その成果を社会に還元していくことを通して、社会に貢献して参る所存です。

理工学研究所長 坪村太郎