| 成蹊大学 |
成蹊大学 文学部
サイト内検索 Powered by Google
お問い合わせ先一覧 サイトマップ 交通アクセス
人間の探求と理解を目指す国際教養人の育成
HOME > 英米文学科
英米文学科
文学研究とは   文化研究とは   英語教育とは   英語学とは   英語科目について
卒業生の声   在学生へ   リンク集   英米文学科 教員メッセージ   英米文学科で開講しているゼミ一覧
Q&A

学科の目的

異文化コミュニケーションの基本となるのが語学力です。英米文学科では、世界に通用する実践的な英語力を身につけることを目指します。それは、「話す、聞く、読む、書く」といった技能にとどまらず、英米文学を通して欧米の文化とその歴史的背景を学ぶことにより、ものの考え方や人間に対する深い興味と観察力を持つことにまでおよびます。そして、自分の考えを世界に対して正確に表現できる知識を養うことを重視し、国際人として充分な適応能力を持つことを教育目標としています。

教育内容

英米文学科は、全学年に用意されているゼミ(演習)を中心とした少人数による専門教育を重視しています。また、真の国際化に対応した理解力の修得を図り、学際的な視野でさまざまな角度から研究テーマにアプローチする方法論が重視され、徐々に自分の研究テーマを深めていく教育システムがとられています。さらに資格取得に必要なカリキュラムも組み込まれ、無理なく履修ができるようになっています。

4年間の学習

1年次は、英米文学・英語学に関する導入的講義とさまざまなジャンルの英文の多読と精読、さらにネイティブ教員の直接指導による4技能の強化、CALL教室のコンピュータを使ったLLの授業などで英米文学と英語学の学習・研究に備えた基礎力を養っていきます。また、ゼミとして「1年次演習」があり、研究手法などの基礎を身につけます。2年次は、文学史を通して英米文学全体を見わたすとともに、各専門の授業により英米文学・英語学の土台を築きます。また、ネイティブ教員による授業により、英語運用能力を向上させるほか、「2年次演習」で研究に対するアプローチや意見の構築方法を身につけます。3・4年次は英文学、米文学、英語学、さらには社会言語学や 英語教育などといったテーマ別に設定された研究をゼミ中心にして行い、高度な専門能力を養っていきます。その仕上げとして卒業論文にまとめることになります。全体を通してカリキュラムは、欧米の文化史や近現代史などの関連科目 などの広い選択肢のなかから、総合的な視野を培えるように配慮しています。英会話や英作文に関する授業は、ネイティブ教員を中心に能力別クラスで実践的な英語力を養っていきます。

将来の方向

ゼミで育んだ専門性や知識、実践的英語能力を活かしながら、卒業後の進路も外資系や企業の海外部門、一般企業をはじめ、公務員、教員など多彩です。また、専門分野を探究する大学院生としての将来も開かれています。

HOME ページトップへ
| 当サイトのご利用にあたって成蹊学園の個人情報保護に関する取り組みについて |
お問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3−3−1
TEL:0422(37)3517 mail:koho@jim.seikei.ac.jp
copyright(C) Seikei University. all rights reserved.