Study Abroad留学

長期協定留学

学内選考に合格した学生を、協定を結んでいる海外の大学(全31大学)へ、1年間派遣する留学制度です(プログラムによっては半年の派遣もあります)。英語プログラムの場合は、主に英語で専門科目を学びます。英語プログラム以外の協定校へ留学する場合は、主に留学先国の言語や専門科目を学びます。留学先の大学で修得した単位は最高60単位まで卒業所要単位として認められるため、4年間で卒業することも可能です。学生への負担を少なくするため、留学期間中は成蹊大学への納付金が3分の2減額されます。また、選考の上、奨学金が給付されます。なお、派遣先大学への授業料は一部協定校を除き、全額免除となります(※)。
【注意】出願時および留学先受入時に必要な語学基準は今後変更されることがあります。各大学募集説明会に参加し、語学基準を確認してください。
アメリカン大学、北京大学、同済大学(学部留学は除く)、サンティアゴ・デ・コンポステラ大学(学部留学は除く)、アジアパシフィック大学への派遣の場合、およびボン大学の斡旋によりゲーテ・インスティテュートで履修した場合の授業料は全額自己負担となりますが、プログラム費補助金制度があります。

中期協定留学

英語研修+インターンシップで、
グローバル社会で通用する英語力と国際感覚を身につけます

中期協定留学は、前期または後期の半期間(3~6ヶ月間)で参加する派遣留学で、英語研修とインターンシップで構成されています。 派遣先は、ダブリンシティ大学(アイルランド)、クイーンズランド大学(オーストラリア)、アジアパシフィック大学(マレーシア)および香港のプログラムがあります。
学部生の場合は、派遣先で修得した単位を所定の手続きにより卒業に必要な単位として認定を受けることができ、学部にもよりますが4年間での卒業が可能な場合もあります。なお、留学期間中は成蹊大学への納付金は3分の2が減額されるほか、プログラム費補助金給付制度があります。

アジアパシフィック大学(マレーシア)・香港(中国)
【2020年度前期 派遣開始】

アジアパシフィック大学・香港中期協定留学では、マレーシア、アジアパシフィック大学(APU)の語学センターである
APLC(Asia Pacific Language Centre)が提供する8~12週間の英語研修(General English)を受講し、その後、香港で、The Intern Group香港支社が提供する8~10週間のインターンシップに参加します。プログラムの最大の特徴は、派遣期間の約5ヵ月の間に、アジア経済の中心であるクアラルンプールと香港の2都市での生活を経験できることです。香港は、1997年までイギリス領だったこともあり、多くの市民が英語を話し、また、多くの多国籍企業がオフィスを構え、ビジネスにおいて一般的に英語が使用されています。また、The Intern Groupの香港インターンシップには、欧米から数多くの大学生が参加しており、インターンシップ参加者は、市内の寮(サービスアパートメント)で共同生活を行うため、普段の生活でも英語でコミニケーションを取ることになります。
香港でのインターンシップは、参加者の英語力やスキル、そして将来のキャリアプランに応じて、専門性の高い担当業務が与えられ、参加者は、将来グローバル社会で活躍するための高い英語力および専門性を身につけることができます。
宿泊は、全期間、寮(サービスアパートメント)となります。
The Intern Groupホームページ

ダブリンシティ大学(アイルランド)

ダブリンシティ大学中期協定留学は、ダブリンシティ大学の語学センターであるDCU Language Servicesが運営する、10週間の英語研修(※8週間General English+2週間Business English)と8週間のインターンシップからなるプログラムです。アイルランドの首都ダブリンには、大手の多国籍企業から小、中規模のベンチャー企業まで、数多くのオフィスがあり、それらの中から派遣生の希望や英語力に応じてインターンシップ先が決まります。派遣生はそれぞれのインターンシップ先で業務を通じて実用的な英語力を身につけるとともに、将来グローバル社会で活躍するための国際感覚を養います。滞在は、全期間ホームステイとなります。

単位認定可能科目について

このプログラムの学習成果は、参加者が所属する学部において審査され、所定の基準を満たしたと判断される場合は、本学の単位として認定されます。プログラムに参加した上で4年間で卒業するためには、単位認定により進級・卒業の基準を満たす必要がありますので、これまでの単位修得状況をふまえ、各学部の履修要項に記載されている「中期協定留学単位認定について」を確認し、詳細や不明点は教務部に相談をしてください。

短期協定留学

夏期または春期休業中に、約1ヵ月間の短期留学を行う制度です。留学先の大学では、語学研修や専門科目、現地学生との交流など、多彩なプログラムが用意されています。また、留学先で履修した授業科目は卒業所要単位にも組み込まれています。この短期留学制度を、長期留学の準備として利用する学生も増えています。