Study Abroad留学

留学中の危機管理

海外渡航中の危機管理について

海外において事件や災害に巻き込まれる大学生の数が増えています。
渡航先での危機管理や安全管理に対する意識を日ごろから高め、 情報を収集しておく必要があります。

危機管理は「テロ行為」のようなものだけでなく、異文化理解、事件・事故・犯罪、疾病など、身の周りで日常的に起こりうることについても事前の情報収集と準備・心構えが必要です。

3か月以上滞在の場合

渡航先に到着したら、日本大使館へ「在留届」を提出してください。

在留届

短期留学・旅行等の場合

たびレジに登録してください。
渡航先では決して油断せず、必ず以下のような行動を心がけてください。

  1. 海外滞在中の予定はあらかじめ家族などに知らせておく。
  2. 現地のニュースなどで情報を確認し、安全対策に努める。
  3. テロなどの可能性がある場合は、繁華街や観光施設、政府関係施設、軍事施設、宗教施設等に近づかない。
  4. もし何かあった場合は、事態の大きさに関わらず、家族や大学等に自分の安否を知らせる。
    その際に一緒に行動している友人の情報もあれば伝える。

以下のウェブサイトは安全管理の観点から有益と思われますので、ブックマークなどに登録し、渡航前および渡航中も確認するようにしましょう。

外務省ウェブサイト(海外渡航情報など)

危険レベル

レベル1 
十分注意してください。
レベル2 
不要不急の渡航は止めてください。
レベル3 
渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
レベル4 
退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

感染症や保健について

海外旅行保険および危機管理支援サービスの
加入危機管理シートについて

海外での緊急事故、病気等の不測の事態に遭遇した場合、日本とは比較にならない高額の医療費や救援費用等がかかることがあるため、中・長期協定留学制度を通して留学する学生には、本学が指定する東京海上日動火災保険株式会社の海外旅行保険(学研災「付帯海学」)の加入ならびに日本アイラック株式会社の危機管理支援サービスの登録が義務づけられています。
本学は学研災「付帯海学」の制度契約者である公益財団法人日本国際教育支援協会への登録ならびに日本アイラック株式会社と契約を締結しており、これにより海外旅行保険料は通常より割引されます。(2018年度は45.6%割引)認定留学制度、休学制度を通して留学する学生が希望する場合には、同等の補償内容の保険・危機管理支援サービスに加入することができます。

【保険加入手続きに関するお問い合わせ先】

イーコールズ株式会社カスタマーセンター
〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町1-5-3 陽光日本橋馬喰町ビル9F
TEL:03-5614-0696
Email:hoken@e-calls.jp

連絡する際は必ず成蹊大学の学生であること、学籍番号・氏名・留学種別・期間・渡航国をお伝えください

危機管理シートについて

短期協定留学での渡航を除き、協定留学、JSAFプログラム、認定留学・休学等で海外渡航する場合は、必ず以下の通り危機管理シートを提出してください。

対象となる方 短期協定留学での渡航を除き、協定留学、JSAFプログラム、認定留学・休学等で海外渡航する学生
提出方法 下記フォームに必要事項を入力してください。【EXCEL版】【WEB版】メール添付、郵送、FAX、国際教育センター国際課に来室のいずれかの方法にて提出してください。
メール送信先 siis@jim.seikei.ac.jp(国際課代表アドレス)
協定・JSAF・認定留学の場合は国際教育センター国際課担当者にも併せて送信すること
郵送先 〒180-8633
東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1 
成蹊学園 国際教育センター
FAX送信先 0422-37-3865
入力フォーム 危機管理シート【EXCEL版】
危機管理シート【WEB版】
提出期限 渡航前に提出すること。
一度提出した後も、記載事項に変更がある場合は、都度、国際課に本シートを提出してください。

危機管理セミナー

危機管理セミナーとは

危機管理は「テロ行為」のようなものだけではありません。異文化理解、事件・事故・犯罪、疾病など、身の周りに日常的に起こりうることについても事前の情報収集と準備・心構えが必要です。
危機管理セミナーでは、年に2回、株式会社エスティーエートラベルより講師をお招きし、海外渡航に関する豊富な経験・知識に基づく海外での危機管理手法・緊急時の対処法などについて、具体例も交えてお話しいただきます。
参加者からは、「出発前に渡航先の情報が得られて参考となった」、「危機管理に対する心構えができた」などの感想が寄せられています。

実施案内

各期の日程は、決定次第News & Topicsや国際課の掲示板にてお知らせします。

実施時期 前期 6月または7月ごろ
後期 2月ごろ
対象者 海外留学や海外旅行を予定している学生
参加方法 事前予約は必要ありません。