ニュース&トピックス

成蹊中学校の生徒が「フェアトレードむさしのFESTA」に参加した感想をまとめました

成蹊中学校の生徒が10月26・27日に開催された「フェアトレードむさしのFESTA」に参加した感想をまとめました(「フェアトレードむさしのFESTAに行ってみた!」)。感じたことをぜひこれからの活動に結びつけてほしいと思います。

フェアトレードは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。SDGsが掲げる17の目標のほぼすべてに関係し、サステナブルな世界の実現を目指す取組みです。

過去の記事