成蹊大学 ≫ 高等教育開発・支援センター
成蹊大学高等教育開発・支援センター
トップページ ≫ 利用案内 ≫ Office365

 Office365

Office365のご紹介

  1. Microsoftの提供するメール、ストレージ等を備えたシステムで、インターネットの接続環境があれば、どこからでも利用可能です。
  2. メールの保存容量は50GBで、添付可能なファイルは10MBまでです。
  3. ストレージ OneDrive(保存容量 1TB)も利用できます。

Office365の利用申請(正規外学生対象) 

正規外学生(委託生・研究生・科目履修生・留学生・聴講生)がOffice365をご利用になるには、予め申請が必要となります。学生証をお持ちの上、7号館1階 高等教育開発・支援センターにお越しください。窓口にて申請書をご記入・ご提出いただけますが、なるべく事前に下記申請書をご記入の上、ご提出ください。
※法務研究科生は、学期初めに限り、法務研究科事務室にて申請をとりまとめる場合があります。

Office365申請書(正規外学生用)
Office365申請書(記入例-正規外学生用)




Office365にログインするには

学生は「SEIKEI PORTAL」、教職員は認証システムよりアクセスしてください。
アクセス方法は「シングルサインオン認証システム(SSO 認証システム)マニュアル」をご覧ください。

 

Office365で利用可能な主な機能

メール(Outlook)  Webブラウザを通じて、どこからでもメールの送受信が可能です。PC以外にも、スマートフォン、タブレットでも利用できます。
なお、Office365以外のメールサービスから差出人変更による返信を 行う場合、送信相手のメールサービスのポリシー等により、うまく 送信できないことがございますのでご注意ください。
OfficeOnline
(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)
Officeがインストールされていないデバイスでも、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの閲覧、簡単な編集を行うことができます。
OneDrive オンラインストレージサービス。PC以外に、スマートフォン、タブレットでもファイルを保存、共有できます。
Yammer Office365内のみのグループでワークスペースを作成して共同作業をしたり、メッセージを投稿したりできます。
SharePoint チーム内のコンテンツを管理、共有したり、パブリックサイト(Webサイト)を作成、公開することができます。
Stream 組織に属するユーザーがビデオを投稿、視聴できるインターネットWebサイトポータル。
Sway プレゼンテーション、レポートなどのコンテンツを簡単に作成できます。
Forms、PowerAutomate アンケートフォーム等の作成。
※Flowは、PowerAutomateに名称が変わりました。(2019.12)
Microsoft 365 Apps Office365を通じて、個人所有のPCにMicrosoft Officeをインストールできるサービスです。



利用方法
Office365にログイン後、左上の をクリックすると、アプリケーションのメニューへ移動できます。




メール(Outlook) 

・スマートフォン、タブレットではアプリをインストールして利用します。メールアカウントを設定して利用することも可能です。

Office365マニュアル(ログイン)/Login to Office365〔PDF〕  
Office365マニュアル(個人のスマートフォンにメールアカウントを追加する)/Add Office365 account in your smartphone〔PDF〕
Office365マニュアル(個人のスマートフォンに「Outlook」アプリ)をセットアップする)/Download Outlook app to your smartphone
・・Office365マニュアル(言語設定)/How to change the language settings for Office365〔PDF〕

一覧へ

OfficeOnline(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)

・Word、Excel、PowerPoint、OneNoteを閲覧、編集し、OneDriveなどに保存することができます。
・スマートフォン、タブレットでは、アプリをインストールして利用します。

一覧へ

OneDrive

・スマートフォン、タブレットでは、アプリをインストールして利用します。
・OneDriveの概要についてはこちら (Microsoftサイト)をご覧ください。

※OneDriveの「全員に共有」フォルダに入れたファイルは、学内全体に公開されてしまいますので、ご注意ください。

OneDriveでファイルやフォルダを共有する (Microsoftサイト)
Office365マニュアル(OneDriveフォルダを作成する)〔PDF〕
Office365マニュアル(OneDriveフォルダにファイルを追加する)〔PDF〕
Office365マニュアル(OneDriveフォルダのリンクを送信する)〔PDF〕
Office365マニュアル(OneDriveファイルのリンクを送信する)〔PDF〕
Office365マニュアル(OneDriveフォルダやファイルを移動、コピー、削除する)〔PDF〕
Office365マニュアル(OneDriveフォルダやファイルの共有を停止する)〔PDF〕

一覧へ

Yammer

・Yammerの概要については、こちら (Microsoftサイト)をご覧ください。
Yammer登録用CSV変換ページ


Yammerマニュアル(全体版)〔PDF〕
・Yammerマニュアル(分割版)〔PDF〕
 はじめに  - 必ずお読みください -
 1.初期設定
  1-1. ログイン (1)パソコン (2)スマートフォン・タブレット
  1-2. 使用言語の選択  (1)新バージョン (2)旧バージョン
  1-3. 通知の設定
  2.基本操作
  2-1.  グループを開く
  2-2.  コメントの投稿
  2-3. 画像の投稿
 3.グループ
  3-1. グループの新規作成
  3-2. メンバーの登録 (1)1人ずつ登録 (2)履修者一括登録(教員用)
  3-3. 表示されないグループの表示
  3-4.   グループ名変更
  3-5.  管理者の追加
  3-6.  グループ削除

Yammerの通知設定(iPhone)

Yammerグループについて

1.利用期間
  作成日付に関わらず、「Yammer」グループの利用は当該年度の2月末日までです。
  既に使用していない「Yammer」グループの管理者は、グループを削除してください。
  なお、継続して利用を希望する場合には、後述の「3.継続の場合」に従って設定を
  お願いいたします。

2.継続を希望する場合の手続き
  継続して利用を行うグループは、利用期限となる2月末日までにグループ作成者
  (管理者)が、グループ名の頭に「$s$」をつけてください。この印をもって継続利用
  の意思とみなします。
  削除対象となるのは、3月1日時点でグループ名の頭に「$s$」のないグループは、
  順次削除されますので、ご注意ください。

3.注意事項
  作成者(管理者)が卒業・修了・退職等により新年度以降在籍されない場合には、
  管理者でログインいただき、他のメンバーへの管理者変更を行ってください。作成者
  (管理者)がわからない場合には、新たに管理者となる方が学生証・教職員証を
  持参のうえ、大学7号館教育開発・支援課までお越しください。その際予めグループ
  名を控えていただきますよう、お願いいたします。登録できる方は、グループ内のメンバーに限ります。

一覧へ

SharePoint

・SharePointの概要については、こちら (Microsoftサイト)をご覧ください。
・パブリックサイトの概要については、こちら (Microsoftサイト)をご覧ください。

一覧へ

Stream

・スマートフォンでは、アプリをインストールして利用します。 
・Streamの概要については、こちら (Microsoftサイト)をご覧ください。

一覧へ

Sway

・スマートフォン、タブレットでは、アプリをインストールして利用します。
・Swayの概要については、こちら (Microsoft作成のビデオ)をご覧ください。

一覧へ

Forms、PowerAutomate    ※FlowはPowerAutomateに名称が変わりました。

Formsでのアンケートフォーム作成方法については、下記マニュアルをご覧下さい。
Formsによるフォーム作成〔PDF〕
FormsとPowerAutomateの連携(自動返信可のフォームを作成する)〔PDF〕 

 

 

Microsoft 365 Appsのご紹介

  1. Office365を通じて、個人所有のPCにMicrosoft Officeをインストールできるサービスです。
  2. 利用方法については、マニュアル(Microsoft 365 Appsの利用方法)〔PDF〕をご覧ください。
  3. 1アカウントにつき、最大15台(PC (Win/Mac)、タブレット、スマートフォン各5台)までインストール可能です。
  4. 本サービスは本学に在学・在職中のみ有効です。卒業・修了後、退職後(アカウント停止後)はご利用頂けませんので、ご注意ください。
  5. その他については、Microsoft 365 Apps Q&A〔PDF〕をご覧ください。(随時更新予定です。)